『ヒト』を最適化しよう。

エマ・ゴールドマン『あたしはダイヤモンドを首にかけるより、机をバラで飾りたい。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

運営者

ふむ…。

考察

無政府主義者だったエマ・ゴールドマンは、ユダヤ系の家庭に生まれ、女性に生まれたことで窮屈な思いを強いられている過去を経験している。FacebookのCOO、シェリル・サンドバーグも同じ境遇の経験をしているが、私が彼女らに見る共通点は、『強い心の持ち主』という実態である。そしてそれだけでなく、『やはり女性』なのだ。それは、『やっぱり女か』というニュアンスではなく、『当たり前よ、女性に生まれたのよ』というニュアンスなのである。

 

私は男に生まれた身として、

 

という言葉以上に自分の気持ちとシンクロする言葉を、未だに見つけることは出来ない。それだけ、『男に生まれた意味』について、あるいは、『この命に生まれた意味』について葛藤し、考え抜き、そして、それを有意義なものにするべきだという思慮を、張り巡らせたという自負があり、この言葉は、そんな私の思いと強く共鳴して、リンクするのである。だから私は彼女らに、彼女らの生き様に、同じように『女として生まれたことの意地』を垣間見る。それは、エマ・ゴールドマンの今回の言葉からも、垣間見えるのである。

 

クリスチャン

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』