Contents|目次

平尾誠二『部下への指示は最初からあまり細かいところまで決めないことです。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

『部下への指示は最初からあまり細かいところまで決めないことです。むしろ、「ここだけは」という肝心のポイントだけ伝わればいいと考え、指示にはなるべく隙間をつくっておいた方がいいでしょう。そうしないと、部下がイマジネーションを発揮する余地がなくなってしまいます。部下に一律に同じことをやらせる方が効果的という考え方にも一理あります。ただし、それでは個々のモチベーションはあがりませんし、組織のパフォーマンスもすぐに頭打ちになってしまいます。』

 

 

松下幸之助は言った。

 

主体性が無くなるのだ。全て指示して、部下がYesマンになると、言われたことしか出来ない人間になる。

 

『言われたこともできない人間、言われたことしか出来ない人間、言われたこと以上のことが出来る人間』

 

とあった場合、当然最後者でなければならない。だから当然、原則としてはここで出ている通り、主体的にやらせることが重要である。しかし、この理論を完全に理解しているはずの私と、その部下は、『言われたこともできない部下め』と思い、『僕は言われたこともできないし、余計な事をしてしまう』と思って、人間関係としてはあまりよくないものとなっている。それは一体なぜだろうか。

 

全ての人間が、主体的に人生を生きれるわけではない。私の部下の様に、幼少期に兄を事故で亡くして以来、生きる目的を見失って、あるいは、人と慣れあっているだけで、その大きく空いた損失を穴埋めできているから、それでいい、と思っているような、人生に何の目標も見いだせない人間もいるのだ。

 

こういう人間に、主体的にやらせようと思って放っておいても、あまりにも長い長い時間が浪費されていくだけで、悔いの残る結果となるだろう。従って、『急かす』必要がある。その急かしている間に抱くのが、前述したようなお互いの感想なのだ。つまり、私が要求さえ下げれば、部下のレベルに合わせれば、別に『言われたこともできない馬鹿め』とは思わない。『自分のペースで進んでるな』とでも思って、本人も『少しずつでいいからこのペースでやるんだ』などと思うことだろう。

 

だが、これは当社の問題だ。男と男の問題だ。いずれ生まれる彼の子孫の問題だ。そして、死んだ兄に対する問題だ。どうやって人生を生きていけばいくことが最善なのか。彼だけではなく、全ての人間が、このたった一度の人生で問われている。

 

 

MEMO

※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

 

 

特別情報

当サイトにある500人の偉人の8000の名言は、ぎゅっと集約して『38』にまとめられます。人間がいる以上未来永劫廃れることのないこの情報を、決してお見逃しなく。

 

『38の黄金律』へ

 

名言一覧

名言一覧(厳選した500人の8,000の格言)

 

Pickup名言

8000の言葉から名言がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる言葉に出逢えるかも∠(`・ω・´)✧!?

名言AI

ジャック・マー『CEOである私はほとんどの時間を採用や育成、時には解雇、それに人材開発やトレーニングなど、社員のために費やしています。』 尾崎一男『一切の気取りと、背伸びと、山気を捨て、自分はこれだけの者、という気持ちでやろう。』 コペルニクスの名言・格言一覧

 

関連する『黄金律

『簡潔、単純、シンプルが知性だ。』

同じ人物の名言一覧

平尾誠二の名言・格言一覧