名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > > > 6ページ目

 

時間/運命 名言

 

 

『人はみな自分の運命を持っている。唯一やれることは、どんな結末になろうと、それに従い、受け入れることなのだ。』

 

人物:ヘンリー・ミラー

ここで考えたいのは、この事実をどのような論理で解釈するかということである。まず真っ先に頭に浮かぶのは、『人生は、自分の思い通りに行かない』という事実だ。思い通りに行ったと思ったら、次の日、交通事故で死んでしまう。

>>続きを見る

 

『誰もが自分の選んだ運命や偶然与えられた運命に満足せず、他の道を歩んだ人々を羨むのはどういうわけだろう。』

 

人物:ホラティウス

こういうアメリカンジョークがある。問い:21世紀、世界はグローバリゼーションの世の中になった。では、グローバリゼーションとはいったい何のことだろうか。

>>続きを見る

 

『未来がどうなるか、あれこれと詮索するのをやめよ。そして、時がもたらすものが何であれ、贈り物として受けよ。』

 

人物:ホラティウス

ホラティウスはここで『今、時がもたらすもの』を『贈り物』としたが、『贈り物』とは、ギフト、あるいはプレゼントと英訳することになる。実は、 『現在』という言葉を英訳すると、『Present』になるのだ。

>>続きを見る

 

『一日24時間という時間はすべての人間に平等に与えられている条件。これをどう使うかで、勝負が決まる。』

 

人物:永守重信

『金持ちになる方法、成功する方法ねえ。とにかく僕は、皆さんがアフター5をどう遊ぶかということで盛り上がっている時、仕事、仕事、仕事だった。

>>続きを見る

 

『人間は毅然として、現実の運命に耐えていくべきだ。そこに一切の真理がひそんでいる。』

 

人物:ゴッホ

『現実の運命』に『耐える』というところがポイントで、『耐える』と言うのが『人間の意見』であり、『現実の運命』というものが『真理』である。

>>続きを見る

 

『運命がカードを混ぜ、われわれが勝負する。』

 

人物:ショーペン・ハウエル

この世には環境の格差がある。例えば、ゴア王国の貴族と娘『ねぇお父様…ゴミ山の人達は どうして人間じゃないの?』このような人間の格差が起きてしまうことは、現実である。これがここでいう『運命が混ぜたカード』だ。

>>続きを見る

 

『強い人間は自分の運命を嘆かない。』

 

人物:ショーペン・ハウエル

劇作家イプセンは言う。『この世で一番強い人間とは、孤独で、ただ一人で立つ者なのだ。』そしてエマーソンは言う。『偉大であるということは誤解されるということだ。』

>>続きを見る

 

『普通の人々は時間をつぶすことに心を用い、才能ある人間は時を利用することに心を用いる。』

 

人物:ショーペン・ハウエル

イギリスの博愛主義者チャールズ・バクストンの、『何をするにも時間は見つからないだろう。時間が欲しければ自分で作ることだ。』この記事に書いた、

>>続きを見る

 

『神がもし、世界でもっとも不幸な人生を私に用意していたとしても、私は運命に立ち向かう。』

 

人物:ベートーヴェン

『世界でもっとも不幸な人生』というのを想像すると、そんなことはしてはいけないが、先進国でぬくぬく育った私が、軽はずみに発想するのは、『五体不満足』、『不衛生な環境を強いられた難民』、

>>続きを見る

 

『人間はまじめに生きている限り、必ず不幸や苦しみが降りかかってくるものである。しかし、それを自分の運命として受け止め、辛抱強く我慢し、さらに積極的に力強くその運命と戦えば、いつかは必ず勝利するものである。』

 

人物:ベートーヴェン

いや、『いつか必ず勝利する』のではない。今、このたった一度の人生を、唯一無二だと心底から理解し、森羅万象の存在を受け止め、多様性を知ったこの瞬間に、もうすでにこの人生に、我々は『打ち克った』のである。

>>続きを見る

 

『浪費するのを楽しんだ時間は、浪費された時間ではない。』

 

人物:ラッセル

楽をしたか、楽しんだか。投資したか、浪費したか。この判断基準はどこにあるだろうか。

>>続きを見る

 

『人生航路において辱めを受けたり、運命に恵まれなかったり、因果に支配されても、すべて天命と受け止めよ。』

 

人物:安岡正篤

『人生航路において辱めを受けたり、運命に恵まれなかったり、因果に支配されても、すべて天命と受け止めよ。食うもの、衣(きる)もののない貧乏生活であっても、楽しみをその中に見出せ。』

>>続きを見る

 

『人間は現在がとても価値のあることを知らない。ただなんとなく未来のよりよい日を願望し、いたずらに過去とつれ立って嬌態を演じている。』

 

人物:ゲーテ

『嬌態(きょうたい)』というのは、男にこびを売る艶めかしい女性の態度だ。単なる例えで、この言葉の意味は結局、

>>続きを見る

 

『生きている間は、何事も延期するな。汝の一生は、実行また実行であれ。』

 

人物:ゲーテ

ゲーテはこうも言った。『何をなすべきか、いかになすべきか、をのみ考えていたら、何もしないうちにどれだけ多くの歳月がたってしまうことだろう。』

>>続きを見る

 

『運命とは、最もふさわしい場所へと、貴方の魂を運ぶのだ。』

 

人物:シェイクスピア

『運命』など、ない。あるとしたら、『絶対に人は死んでしまう』というような、そういう真理の法則だけだ。それを絶対的な軸として考えるべきである。

>>続きを見る

 

『大切なのは、今この瞬間を楽しむ、ということさ。』

 

人物:ジョン・レノン

そもそも、過去も未来も、存在するかどうかはわからないわけだ。そういう概念が存在するかどうかもわからない。

>>続きを見る

 

『楽しんで無駄にした時間は、無駄じゃない。』

 

人物:ジョン・レノン

ラッセルは言った。『浪費するのを楽しんだ時間は、浪費された時間ではない。』

>>続きを見る

 

『過去が現在に影響を与えるように、未来も現在に影響を与える。』

 

人物:ニーチェ

過去が現在に影響を与えるのはわかる。過去の延長線上が今だからだ。だが、未来が現在に影響を与えるというのはどういうことだろうか。未来の延長線上は未来だ。現在に戻ってくるということはないだろう。

>>続きを見る

 

『ウォーレンは、もし何千年も前に生まれていたら、猛獣の餌になっているのがオチだと言う。だが彼は、株式市場があり、彼の市場に対する優れた理解が報われる時代に生まれた。』

 

人物:ビル・ゲイツ

その時代その時代に適した生き方があるのか。あるいは、生き方というものは不変的なものなのか。印象としては、不変的な生き方をする人間にこそ、生命としての矜持を垣間見る。

>>続きを見る

 

『問題は未来だ。だから私は、過去を振り返らない。』

 

人物:ビル・ゲイツ

『過去を変えることはできないし、変えようとも思わない。なぜなら人生で変えることができるのは、自分と未来だけだからだ。』

>>続きを見る

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

シェア

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

広告

 

↑ PAGE TOP