名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

安岡正篤『人生航路において辱めを受けたり、運命に恵まれなかったり、因果に支配されても、すべて天命と受け止めよ。』

安岡正篤


日本哲学者 安岡正篤画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


『人生航路において辱めを受けたり、運命に恵まれなかったり、因果に支配されても、すべて天命と受け止めよ。食うもの、衣(きる)もののない貧乏生活であっても、楽しみをその中に見出せ。』

 

何も、宗教的な発想をすればいいということではない。『天命』という言葉が出ても、別にそれとは関係ない。

 

松下幸之助はこう言い、

『人間万事、世の中のすべては、天の摂理で決まるのが90%、あとの10%だけが人間の成し得る限界だ。』

 

渋沢栄一もこう言ったが、

『一人ひとりに天の使命があり、その天命を楽しんで生きることが、処世上の第一要件である。』

 

自分が受けた天分というものを理解し、それを100%受け止め、命を使い切る、という発想が欲しいのである。

 

 

 

  • 関連ページ▼
  •  

    スポンサードリンク

     

    安岡正篤の言葉を自分のものにする



    例えば、皇族に生まれた人生と、生まれてすぐに棄てられた人生とは、間違いなく同じ天分にはないだろう。天分とは、生まれ持って与えられている、能力や環境のことだ。その『環境』が、同じだと言う人間はこのようには存在しない。

     

     

    例えば、とある『人の10倍の速度で歳を取る奇病』を患った女性は、当然、私より、彼女の親よりも早くこの世を去ったわけだが、私は彼女の人生をテレビごしに見ていて、素直にこう思った。

     

    (自分は、彼女よりも尊い一生を送れるだろうか?)

     

    彼女は大好きなペットショップで働き、遠い異国にいる同じ病気を患った男性に、恋もしていた。もちろん、未練や葛藤はあっただろう。しかし、それはその他の全ての人間にも、同じようにあることではないだろうか。

     

    彼女はその中でも、より数奇な運命を強いられたわけだが、しかし、その運命を何とかして受け入れようとする姿勢は、人としてとても崇高であり、それ以上の境地がないようにさえ思った。

     

    人は結局、生まれても、必ず死ぬ運命だ。その間に、様々なことがあるだろう。だが、あってもなくても、いずれ必ず、もれなく死んでいく。それが人も含めた、生命の運命だ。

     

    だとしたら、『天命と受け止めても』、『受け止めなくても』、死ぬことを避けることはできない。この唯一無二の命が別のものに変化することは無い。

     

    それならば、全て天命と受け止めよ。そして、その唯一無二の自分の一生を生き貫き、命を使い切るべし。

     

     

    ※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

    著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

     

    シェア

     

    スポンサーリンク

     

    著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

     

    『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

     

    関連する黄金律

    黄金律

    この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

     

     

     

    18.『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。

    外(環境)が自分の運命を握っているのではない。内(自分の心)がそれを握っているのだ。


    >>続きを見る

     

     

    関連する記事

    黄金律

    『絶望などない。あるのは希望だけだ。』

     

     

    黄金律

    『『不幸』などない。あるのは、目の前で淡々と起きている現象に反応する、人間の心である。』

     

     

    黄金律

    『希望は貧者のパンである。そして、絶望は貧者のカビである。』

     

     

     

     

    安岡正篤『人生航路において辱めを受けたり、運命に恵まれなかったり、因果に支配されても、すべて天命と受け止めよ。』


    スポンサーリンク

     

    当サイト最重要記事

    黄金律

    8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

     

    黄金律

    『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

     

     

    偉人の名前や名言を検索

     

    おすすめ関連記事

     

     

    ↑ページの上部へ

     

    同じ人物の名言


    『我々の生活が自堕落になったとき、心から馬鹿と叱ってくれる畏敬する人を持つ者は幸いだ。』

     

    『いい年になったら早く後継者にその地位・財産を譲って、真実の生活に入るべきものである。 』

     

    『人々の楽しみの後に自分は楽しめ。』

     

    『人を観るときは、前より後ろから観るのがよい。前はつくろえるが後ろは誤魔化せないからだ。』

     

    『人物が偉大であるほど立派な環境を作る。人間ができていないと環境に支配される。』

     

    『皆が利を求めて行動するようになると、お互いに忌みあい、必ず人間関係、人間の生活、人間の事業というものを壊してしまう。』

     

    『人間はまず自己を得なければいけない。人間はまず根本的に自己を徹見する。これがあらゆる哲学、宗教、道徳の、基本問題である。』

     

    『人間の自由は物質的満足の得られることにあるのではない。窮しても苦しまず、憂えても意哀えざるにある。』

     



    ↑ PAGE TOP