名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

ホラティウス 名言/格言

ホラティウス

 

クィントゥス・ホラティウス・フラックスとは(画像

南イタリア詩人。生誕紀元前65年

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

ホラティウスの言葉

 

 

『毎日自分に言い聞かせなさい。今日が人生最後の日だと。あるとは期待していなかった時間が驚きとして訪れるでしょう。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

よく、『時間が無い』とか、『忙しい』等という言葉を念仏のように唱える人がいるが、彼らは一体どこでその言葉を覚えたのだろうか。それを覚えさせた人がいるのだ。

>>続きを見る

 

『誰もが自分の選んだ運命や偶然与えられた運命に満足せず、他の道を歩んだ人々を羨むのはどういうわけだろう。』

 

カテゴリー:時間/運命

こういうアメリカンジョークがある。問い:21世紀、世界はグローバリゼーションの世の中になった。では、グローバリゼーションとはいったい何のことだろうか。

>>続きを見る

 

『未来がどうなるか、あれこれと詮索するのをやめよ。そして、時がもたらすものが何であれ、贈り物として受けよ。』

 

カテゴリー:時間/運命

ホラティウスはここで『今、時がもたらすもの』を『贈り物』としたが、『贈り物』とは、ギフト、あるいはプレゼントと英訳することになる。実は、 『現在』という言葉を英訳すると、『Present』になるのだ。

>>続きを見る

 

『お前の分別に一粒の愚かさを混ぜておきたまえ。時をみて馬鹿なことをするのもよいことだ。』

 

カテゴリー:知性/知恵

キリストも『少しばかりの酒を飲もう。それが自分の心を癒してくれるのなら。』(超訳)と言う様なことを言っている。ここでいう『愚かさ』というのは、

>>続きを見る

 

『あきらめてしまうと、癒しようのない不幸も和らげる。』

 

カテゴリー:不幸/失敗

ドイツの諺にこういうものがある。『どうにもならないことは、忘れることが幸福だ。』また、孔子は言う。『虐待されようと、強奪されようと、忘れてしまえばどうということはない。』あるいは、ブッダの言葉の超訳として書いた、

>>続きを見る

 

『愛と笑いのないところには、楽しみもないはずだ。愛と笑いの中に生きよ。』

 

カテゴリー:教育/愛情

何しろこの世は、虚無である。この広漠として混沌とした、闇の世界に光を照らすのは、太陽の陽の光以外であれば、『愛と笑い』である。『子供が笑っている』。

>>続きを見る

 

『酔いは万能だ。秘密を開き、希望を深め、無精者を戦場へ促し、気苦労を取り除き、新しい技術を教える。』

 

カテゴリー:自己/精神

引用元には『酒』について書いていたが、本当にこれは『アルコール』の話だろうか。いや、確かにそうだろう。だが、それだけではない。例えば『乗り物酔い』、

>>続きを見る

 

『何事にも節度を守れ。何ごとにも中央があり、その線が適切のしるしなのだから。こちら側でもあちら側でもまちがいが起こる。』

 

カテゴリー:自己/精神

例えば『国境』と考えてみる。そこに引かれた線は、一応『適切な位置』として見定められたのだ。

>>続きを見る

 

『怒りは一時の狂気である。だからこの感情をおさえなければ、怒りが諸君をとっておさえることになる。』

 

カテゴリー:自己/精神

一時の感情に心を支配され、人生を棒に振った人間はいくらでもいる。他人の人生と、自分の人生、両方だ。

>>続きを見る

 

『目標のある人は実力以上の力を発揮し、目標のない人は自分の実力さえ満足に発揮できない。』

 

カテゴリー:自己/精神

『目標設定』をする理由が、ここにある。『目標』というぐらいだから、それは現在の自分以上の位置に、マークを付けること。

>>続きを見る

 

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP