名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > > > 3ページ目

 

時間/運命 名言

 

 

『過去を後悔しなくていい。未来に怯えなくていい。そんなところを見るのではなく、今この時に集中しなさい。』

 

人物:アドラー

岡本太郎は言った。『過去にこだわったり、未来で誤魔化すなんて根性では、現在を本当に生きることはできない。』ローマの哲学者、セネカは言った。『過去はもはや関係がなく、未来はまだ来ぬ。』

>>続きを見る

 

『運命はわれわれを導き、かつまたわれわれを潮弄する。』

 

人物:ヴォルテール

我々をもてなし、導きもするし、欺き、弄びもする。そんな運命の二面性について考えるとき、ドイツの哲学者、ヘルダーのこの言葉が頭をよぎることになる。

>>続きを見る

 

『時間が足りないのではない。時間をみすみす浪費しているから、そう思うに過ぎない。』

 

人物:セネカ

セネカはこうも言った。『困難だから、やろうとしないのではない。やろうとしないから、困難なのだ。』オーストリアの心理学者、アドラーはこう言い、

>>続きを見る

 

『運命は、志のある者を導き、志のなき者を引きずっていく。』

 

人物:セネカ

ラ・フォンテーヌはこう言った。『人は、運命を避けようとしてとった道で、しばしば運命にであう。』だとしたら、見えて来るのは『人間本位・自分本位に成り下がった人間が失墜する光景』である。

>>続きを見る

 

『未来を気づかう心は悲惨なり。』

 

人物:セネカ

アインシュタインは言った。『私は未来のことは決して考えない。未来はすぐにやってくるのだから。』いや、やってこないかもしれない。

>>続きを見る

 

『我々に与えられた時間は、決して少ない訳ではない。ただ、活用していない時間が多いだけなのだ。』

 

人物:セネカ

セネカはこうも言った。『時間が足りないのではない。時間をみすみす浪費しているから、そう思うに過ぎない。』イギリスの博愛主義者チャールズ・バクストンもこう言ったが、

>>続きを見る

 

『1時間を無駄に過ごすような人間は、まだ人生の貴重さを発見していない。』

 

人物:ダーウィン

無限と有限。この二つの意味は、周知のとおりだ。では、人生はどちらか。その答えも、周知のとおりだ。だが、本当に周知されているだろうか。

>>続きを見る

 

『人間の運命は人間の手中にある。』

 

人物:ダリ

確かに、大気汚染、オゾン層の破壊、温暖化、生物多様性の破壊等、人間のエゴが作り出す環境破壊の影響は、地球という一括りの生命に、甚大な影響を及ぼす。地球のリーダーを担う人間は、そのことについて常に思慮を張り巡らせ、最適化を図り続けることを、使命と課さなければならない。

>>続きを見る

 

『平らな道でもつまずくことがある。人間の運命もそうしたものだ。神以外に誰も真実を知るものはないのだから。』

 

人物:チェーホフ

イプセンや、トルストイの思想に傾倒していたというチェーホフ。ロシアの生まれだが、死に際の言葉はドイツ語で、『私は死ぬ』だったと言われている。

>>続きを見る

 

『時間が多くのことを解決してくれる。あなたの今日の悩みも解決してくれるに違いない。』

 

人物:デール・カーネギー

何事も考え方一つだ。 例えば私は、警察が嫌いだった。 それはそうだ。警察の敵に回るような悪ガキだったからだ。

>>続きを見る

 

『過去も未来も存在せず、あるのは現在という瞬間だけだ。』

 

人物:トルストイ

『存在』という概念への正確な理解が求められる話である。しかし、過ぎ去っておぼろげになった過去や、まだ見ぬおぼろげな未来が存在せず、ただ、この瞬間という現在だけが存在しているということになるのであれば、もう、次の瞬間にはさっき存在していたものは消滅していることになる。

>>続きを見る

 

『時は苦しみや争いを癒す。というのは、人が変わるからである。人はもはや同一人ではないのである。』

 

人物:パスカル

小説家、太宰治は言った。『大人とは、裏切られた青年の姿である。』パスカルの言葉と併せて考えると、やはりそこに見えるのは『人は変わる』というイメージである。

>>続きを見る

 

『何年も経ち、時が流れ、君の意見の多くがその逆になることもあるのだよ。』

 

人物:プラトン

私の意志は、極めて固い方だ。それは、このサイトを見てみれば多少はわかるはずだ。全ての偉人の名言を内省するということは、人間の規模で数えても、そう多くはないはず。

>>続きを見る

 

『時は、未来永劫の幻影なり。』

 

人物:プラトン

イチローは言った。『時間は、人間が勝手に決めたものですからね。そんな話をして、深みにはまりたくありません。』時間は人間以外に認識していない概念の可能性がある。

>>続きを見る

 

『眼を凝らして注意深く観察すれば、運命を見分けることができよう。運命は盲目だが、見分けられぬものでないから。』

 

人物:フランシス・ベーコン

まず、『恋は盲目』の仕組みから解説しよう。権威ある脳科学者が非常に興味深いことを言うのだ。『ヘロインをやっているときと、恋をしているときの脳の状態が、瓜二つなんです。』

>>続きを見る

 

『若い時は、一日は短く、一年は長い。年を取ると、一年は短く、一日は長い。』

 

人物:フランシス・ベーコン

これを例えば『義務、責務』というキーワードと照らし合わせると、つじつまは合ってくる。

>>続きを見る

 

『非常に強い悲しみというのは、時間が経つと薄らぐだろう。しかし、失われた者の代わりというのは、絶対に有り得ない。』

 

人物:フロイト

『非常に強い悲しみというのは、時間が経つと薄らぐだろう。しかし、失われた者の代わりというのは、絶対に有り得ない。どんなに心の中にあいた穴を埋めようとしても、また埋められたと思っても、絶対に、それは最初のものの代わりにはなり得ない。』

>>続きを見る

 

『日の輝きと暴風雨とは、同じ空の違った表情にすぎない。運命は、甘いものにせよ、にがいものにせよ、好ましい糧として役立てよう。』

 

人物:ヘルマン・ヘッセ

アメリカの詩人、ロングフェローは言う。『雨は一人だけに降り注ぐわけではない。』もし今自分が『冷たい雨』に身体を晒されていると感じても、恐らく自分よりもひどい暴風雨に巻き込まれている人が世界にはいる。だとしたら、少し恥ずかしくなってくるはずだ。

>>続きを見る

 

『運命は、どこかよそからやってくるものではなく、自分の心の中で成長するものである。』

 

人物:ヘルマン・ヘッセ

ロシア文壇を代表する作家、アルツィバーシェフは言う。『それ自体の不幸なんてない。自ら不幸を思うから不幸になるのだ。』『アウトサイド・イン』ではない。『インサイド・アウト』なのだ。

>>続きを見る

 

『日の輝きと暴風雨とは、同じ空の違った表情にすぎない。運命は、甘いものにせよ、苦いものにせよ、好ましい糧として役立てよう。』

 

人物:ヘルマン・ヘッセ

確かに暴風雨の日も青天の日もあるが、そもそもなぜ『暴風雨=不幸』だと決めつけているのか。

>>続きを見る

 

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

シェア

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

広告

 

↑ PAGE TOP