名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > >

 

永守重信 名言/格言

永守重信

 

永守重信とは(画像

日本実業家。日本電産創業者。通称『日本電産創業者』。

 

 

スポンサーリンク

 

永守重信の言葉

 

『リーダーになりたいなら部下を育てろ。』

 

カテゴリー:教育/愛情

『リーダー』とは、指導者、案内人、指揮者、司令塔、総監督、責任者、という意味だ。

>>続きを見る

 

『叱るのは見どころがあるから。叱られないのは、まだ叱るに値するレベルに達していないからだ。』

 

カテゴリー:教育/愛情

今や、世界記録を生み出し偉人の仲間入りをした、楽天のマー君。彼のこの偉業には、予兆があった。

>>続きを見る

 

『一日24時間という時間はすべての人間に平等に与えられている条件。これをどう使うかで、勝負が決まる。』

 

カテゴリー:時間/運命

『金持ちになる方法、成功する方法ねえ。とにかく僕は、皆さんがアフター5をどう遊ぶかということで盛り上がっている時、仕事、仕事、仕事だった。

>>続きを見る

 

『その時点では実現不可能なことをまず言ってみることが大切。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

ここで共通しているのが、『楽観的な構想』である。それは往々にして、永守重信の言う通り『その時点では実現不可能なこと』だ。

>>続きを見る

 

『大事なのは社員の意識だ。社員が「会社をもっと強くしよう」「もっと大きくしよう」と自ら意識を持つようになって初めて企業は強くなる。』

 

カテゴリー:仕事/経営

主体性のない社員ほど腹が立つ存在はない。全ての上司は、そういう部下に対し、そう思っているだろう。当たり前だ。憤慨する。何のために会社にいるのかわからない。激昂することもある。常在戦場だ。ままごとをやっているんじゃないんだ。

>>続きを見る

 

『企業とは社員の意識の集合体であることを忘れてはならない。』

 

カテゴリー:仕事/経営

つまり、そこに集まる社員が、場当たり的で、反応的で、主体性がなく、おんぶにだっこで、他力本願で、妬み嫉みを暴走させ、周囲の足を引っ張り、

>>続きを見る

 

『異能・異才の社員は磨かれるうちに出てくる。』

 

カテゴリー:教育/愛情

空海は言った。 『人間は誰もが胸のなかに、宝石となる石を持っている。一生懸命磨いて、美しく光り輝く玉になる。』エジソンは言った。

>>続きを見る

 

『大切なのは、揺さぶることです。テーマの研究が進んだり行き詰まったりしたときに人を組み合わせたり、移動させたりして揺さぶる。その刺激が新たなものを生み出します。』

 

カテゴリー:仕事/経営

普通に考えて、『新たなものを生み出す』ことを狙うのであれば、その通りだ。

>>続きを見る

 

『社員の中で成果を上げるのは、やはり自己管理のできる人です。まず大事なのは自己管理をする気のある人材を採ることです。』

 

カテゴリー:仕事/経営

主体性だ。自主、自律、責任をモットーとして、主体的に動く人間が、成果を上げる。どれぐらい上げるかと言うと、スティーブン・R・コヴィーは、著書『7つの習慣』で『主体者』と『反応者』の違いをこう断言している。

>>続きを見る

 

『危機ほど楽しいものはない。困難と出合うたびにそう思う。克服することで、会社がますます強くなるからだ。』

 

カテゴリー:仕事/経営

この発想を一度持ってしまえば、こっちのものだ。私などは『ドラゴンボール』世代なので、想像にた易かった。悟空が、ピンチになればなるほど、例の決まり文句を言っていたのだ。

>>続きを見る

 

『どのようなビジネスも永遠に成長することはなく、いつか必ずピークアウトする。したがって、新しいビジネスが軌道に乗ったら、その瞬間に次の転進先を想定し準備に入るのが望ましい。』

 

カテゴリー:仕事/経営

この様な発想を持てず、流動変化するこの世の真理に背を向け、越権的な行為にひた走る人や企業は、淘汰される。それは、企業の大小に何ら変わりなく、普遍的に与えられている絶対原則である。

>>続きを見る

 

『異端者を評価しない会社も問題です。ちょっと変わった人間が世の中にないものを生み出している。』

 

カテゴリー:仕事/経営

ここで出ている良しとされている登場人物は、『一番』と『異端者』である。そしてそれらの共通点とは、群を抜いているということだ。文字通り、抜群なのである。

>>続きを見る

 

『小さなことをないがしろにする行為に対しては、徹底的に叱責するという風土を根付かせています。』

 

カテゴリー:教育/愛情

『小さなことをないがしろにする行為に対しては、徹底的に叱責するという風土を根付かせています。』命は細部にこそ宿るのだ。例えば黒澤明は、

>>続きを見る

 

『大きな変化は、大きなビジネスチャンスを連れてくる。』

 

カテゴリー:仕事/経営

インターネットが普及するなら、何を用意すればいいか。スマホがPC普及率を上回るなら、何をすればいいか。社会という大海原では、常にそうした流行の波が押し寄せ、流動変化している。

>>続きを見る

 

『人減らしをして固定費を削れば短期的には回復も早まるでしょう。しかし、一度首切りをすれば従業員の心に傷が残ります。』

 

カテゴリー:仕事/経営

『人減らしをして固定費を削れば短期的には回復も早まるでしょう。しかし、一度首切りをすれば従業員の心に傷が残ります。次の好況期、会社に対する求心力がどれだけ働くでしょうか。』

>>続きを見る

 

『社内では「社長に叱られるほど偉い」というイメージが出来上がっています。』

 

カテゴリー:教育/愛情

『私の教育は「叱って育てる」スタイルです。部下にメールを送るときも、褒めるよりも叱るケースが圧倒的に多いです。

>>続きを見る

 

『「感情的に部下を叱ってはいけない」と教える人がいるようですが、それはおかしい。感情がこもっているからこそ、こちらの熱意が伝わります。』

 

カテゴリー:教育/愛情

いや、淡々と教育してもいい。しかしそれが正当化されるのは、その淡々と教育する背景に、灼熱の様な情熱が潜んでいる場合のみだ。

>>続きを見る

 

『経営の素質は、ある程度は持って生まれたものなんです。トレーニングで変わる部分は半分以下ですよ。』

 

カテゴリー:仕事/経営

例えば、幼少の頃からピアノや卓球が達人級に上手い人間がいるが、あれと同じ考え方だ。『生まれもったもの』の中には、当然、親も含めた家庭環境もそこに含まれるわけで、その全ての『生まれもったもの』で、大体のことが決まってしまうのだ。

>>続きを見る

 

『自分でマッチを持っていて自分で燃えることのできる人は100人中3人くらいしかいない。』

 

カテゴリー:教育/愛情

マッチを持ってもいないし、誰かが燃えても自分は燃えられない人が100人中17人くらいいます。マッチを持っている人はどんどんマッチを擦り、檄を飛ばし、人を燃えさせなければならない。せっかく手中にあるマッチも、ポケットに入れたままにしておいては、湿って使い物にならなくなってしまいます。

>>続きを見る

 

『一代でこれだけの規模へ会社を引っ張り上げるには、個人的な楽しみを封じてでも、必死に働きつづける必要があったのだ。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

『タバコは吸わないし、40代のころに飲酒もやめた。観光にも美食にも縁がない。正直にいうと日々の激務の中で「こんな人生でいいのか?」と自問することもなくはない。

>>続きを見る

 

『人は誰しも、自分が従事している仕事には冷静な目を向けにくい。異変や波乱があっても、それは「一時的なもので、やがて平常に戻るだろう」と思い込む。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

とにかく『思い込む』のが人間だ。異変や波乱があっても、それは「一時的なもので、やがて平常に戻るだろう」と思い込むし、延長自我にひた走っている人間は、自の意見が絶対であり、正しいと思い込む。

>>続きを見る

 

『ゴミ溜めみたいな工場で収益が上がっている会社があったら教えて欲しい。』

 

カテゴリー:仕事/経営

ヘンリー・フォードは言った。『不潔な工場に善良な職工なし。』

>>続きを見る

 

 

スポンサーリンク

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP