名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

ゴッホ 名言/格言

ゴッホ

 

フィンセント・ファン・ゴッホとは(画像

オランダ画家。生誕1853年

 

 

スポンサーリンク

 

ゴッホの言葉

 

『愛は永久不滅なもの。姿かたちを変えることはあるが、本質は決して変わらない。』

 

カテゴリー:教育/愛情

この言葉は、非常に重要な言葉である。この私の感想は、おそらく偉人の言葉を5000内省した今だからこそ言えることであり、その前の自分が見ても、(ふーん)としか考えられなかっただろう。

>>続きを見る

 

『確信を持つこと、いや確信を持っているかのように行動せよ。そうすれば次第に本物の確信が生まれてくる。』

 

カテゴリー:自己/精神

これは非常に重要なポイントで、『アファメーション(自己効力感)』とは、(自分なら出来る!)と言い聞かせ、鼓舞し、奮起させるセルフコントロールの一つだが、このアファメーションが巻き起こす結果は、極めて高い注目を浴びるに値するものである。

>>続きを見る

 

『何も後悔することがなければ、人生はとても空虚なものになるだろう。』

 

カテゴリー:不幸/失敗

何も後悔しない人生というのは、あまり『人生』とは言えないかもしれない。宗教家、御木徳近は言った。

>>続きを見る

 

『僕の人生はそれほど長くないだろう。だから僕は一つのことしか目に入らない無知な人となって仕事をするつもりだ。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

一つのことしか目に入らない無知な人となって仕事をする。それについての偉人の言葉は、出揃っている。

>>続きを見る

 

『色彩は、それ自体が何かを表現している。』

 

カテゴリー:知性/知恵

色を塗る。何色にすればいいかを考える。暗い場所は、少し濃い色を使い、明るい場所は、少し薄い色を使うか、水で絵の具を薄める。

>>続きを見る

 

『99回倒されても、100回目に立ち上がればよい。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

そして、5126回失敗しても、5127回目に突破すればいい。あるいは、10000回失敗しても、10001回目に成功すればいい。

>>続きを見る

 

『神を知る最善の方法は、多くの物を愛することだ。』

 

カテゴリー:宗教/信仰

さて、『神』というものは、『人間の味方ではない』のである。人間の味方なら、天災を巻き起こして、罪のない人間の命を奪うことは無い。

>>続きを見る

 

『常に悲しみを要求する人生に対して、僕らにできる最上のことは、小さな不幸を滑稽だと思い、また大きな悲しみをも笑い飛ばすことだ。』

 

カテゴリー:不幸/失敗

彼ら画家というものは、実に繊細な生き物である。ゴッホとて、こうして前向きな発言をしている様に見えて、『常に悲しみを要求する』と考えている時点で、とても敏感で、繊細なのだ。

>>続きを見る

 

『夫婦とは二つの半分になるのではなく、一つの全体になることだ。』

 

カテゴリー:恋愛/結婚

『男女とは、つまり凸凹である。種類は同じでも、形が違う。その差異がある二つの形が結婚して一つになり、形が完成する。だからこそ、新しい命が生まれる。

>>続きを見る

 

『偉業は一時的な衝動でなされるものではなく、小さなことの積み重ねによって成し遂げられるのだ。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

偉業は一時的な衝動でなされるものではなく、小さなことの積み重ねによって成し遂げられる。このことを裏打ちする為には、たったこれだけの言葉を載せておくだけでいい。

>>続きを見る

 

『女が愛し、愛されると彼女は変わる。誰も彼女にかまわなくなると、精神が乱れてその魅力が失われる。』

 

カテゴリー:恋愛/結婚

男もそうだが、女というのは特にそういう印象がある。好きな異性が出来ると、本当に内から外から綺麗になる。ホルモンのレベルから、お洒落や化粧といった外観まで、生き生きとして、軽やかに躍動するのだ。

>>続きを見る

 

『私はあるがままの自分を受け入れてくれることだけを望む。』

 

カテゴリー:自己/精神

なぜ、自分のこの唯一無二の命という要素を無駄にし、他の要素に染色されて台無しにしなければならないのか。

>>続きを見る

 

『このまま行けと、僕の中の僕が命じるんだ。』

 

カテゴリー:自己/精神

自分の心の中で、何かが叫ぶ。そういう感覚を、敏感に捉えられる人と、そうでない人がいるが、こと繊細で、敏感だと言われる芸術家やアーティストたちは、その魂の叫びに気づく確率が高い、という印象がある。

>>続きを見る

 

『考えれば考えるほど、人を愛すること以上に芸術的なものはないということに気づく。』

 

カテゴリー:自己/精神

芸術が、『神に近づく行為』であると仮定した時、今回のゴッホの言葉や、ベートーヴェンのこの言葉、

>>続きを見る

 

『私は、自分の作品に心と魂を込める。そして制作過程では我を失う。』

 

カテゴリー:自己/精神

自分の作品に心と魂を込めれば、制作過程では我を失うことになるだろう。何しろ、まるでその状態を俯瞰で見た時、没頭している。

>>続きを見る

 

『たとえ僕の人生が負け戦であっても、僕は最後まで戦いたいんだ。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

私は最初、この言葉の意味を理解出来なかった。私はその当時17歳やそこらで、改めて見た時は20歳やそこらだった。

>>続きを見る

 

『人間は毅然として、現実の運命に耐えていくべきだ。そこに一切の真理がひそんでいる。』

 

カテゴリー:時間/運命

『現実の運命』に『耐える』というところがポイントで、『耐える』と言うのが『人間の意見』であり、『現実の運命』というものが『真理』である。

>>続きを見る

 

『美しい景色を探すな。景色の中に美しいものを見つけるんだ。』

 

カテゴリー:知性/知恵

美しい景色というものは、往々にして、ほとんどの人が認識している景色だ。ほとんどの人が認識している景色が『美しい景色』として認知されていて、本として出版されていたり、観光名所として有名になっているわけだ。

>>続きを見る

 

『直観力と想像力を、抑え込んではならない。』

 

カテゴリー:知性/知恵

直観力と想像力を抑え込んでしまえば、当然、そこに残るのは、常識的なものである。何しろ、直観力と想像力こそが、オリジナルな要素を生み出す根源であり、それを抑え込んでしまうということは、自殺することと同じだ。

>>続きを見る

 

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP