名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > >

 

ベートーヴェン 名言/格言

ベートーヴェン

 

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンとは(画像

神聖ローマ作曲家。生誕1770年通称『楽聖』。

 

 

スポンサーリンク

 

ベートーヴェンの言葉

 

『神がもし、世界でもっとも不幸な人生を私に用意していたとしても、私は運命に立ち向かう。』

 

カテゴリー:時間/運命

『世界でもっとも不幸な人生』というのを想像すると、そんなことはしてはいけないが、先進国でぬくぬく育った私が、軽はずみに発想するのは、『五体不満足』、『不衛生な環境を強いられた難民』、

>>続きを見る

 

『人間はまじめに生きている限り、必ず不幸や苦しみが降りかかってくるものである。しかし、それを自分の運命として受け止め、辛抱強く我慢し、さらに積極的に力強くその運命と戦えば、いつかは必ず勝利するものである。』

 

カテゴリー:時間/運命

いや、『いつか必ず勝利する』のではない。今、このたった一度の人生を、唯一無二だと心底から理解し、森羅万象の存在を受け止め、多様性を知ったこの瞬間に、もうすでにこの人生に、我々は『打ち克った』のである。

>>続きを見る

 

『出来る限り善を行い、何者にもまして自由を愛し、王座のもとであろうとも、断じて真理を裏切るまい。』

 

カテゴリー:知性/知恵

出来る限り善を行い、誰よりも自由を愛し、どんな力にも屈さず、断じて真理を裏切らない。そういう人間がいるとするならば、その人間はこの上なく『自由』な人間だ。

>>続きを見る

 

『希望よ、お前は心を鉄に鍛える。』

 

カテゴリー:自己/精神

逆に、希望がない人間の心には、ぽっかりと穴が空いている印象を受ける。これは、私の部下にそういう人間がいるから、よくわかることなのだ。

>>続きを見る

 

『苦難の時に動揺しないこと。これが真に賞賛すべき卓越した人物の証拠である。』

 

カテゴリー:不幸/失敗

苦難の時、窮地に陥った時、動揺せず、品位を失わなず、毅然としている。その様な人間がいるとしたら、その人間の足裏は、頑強である。

>>続きを見る

 

『名声を勝ちとった芸術家は、そのことによって苦しめられる。そのため、処女作が往々にして最高作となる。』

 

カテゴリー:不幸/失敗

ここで考えたいのは、パブロ・ピカソのこの言葉だ。 『回教徒が寺院に入るとき靴を脱ぐように、私は仕事中、ドアの外に肉体を置いてくる。』

>>続きを見る

 

『神に頼るとはなんたることだ。自らの力で自らを助けたまえ。』

 

カテゴリー:宗教/信仰

そもそも『神』という言葉自体が、正しいかどうかだ。この『日本語』は、一体何を指し示しているのか。この言葉を捻出した時、本当に日本人は、『八百万の神』と、その他の国々との『神』を一緒くたにして考えなかっただろうか。

>>続きを見る

 

『神性に近づき、その輝きを人類の上に撒き散らすことほど美しいことはない。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『神性』なんて言われても、ピンと来ない。『神』、その言葉それ自体は、『日本語』である。しかしこれでは、多くの人にはしっくりこないのが本音だ。

>>続きを見る

 

『私自身を窮境の中に支えてくれたのは道義心であり、 自殺によって生命を絶たなかったのは、私の芸術ばかりではなく、この道義心のおかげでもある。』

 

カテゴリー:自己/精神

芸術性ばかりを追い求める人間が、たまに自殺をする。自分の人生そのものが芸術だと捉えて、常識を破ることを念頭に置いているから、死でさえも、アートにしたいのだ。

>>続きを見る

 

『優れた人間は、どんなに不幸で苦しい境遇でも、黙って耐え忍ぶ。』

 

カテゴリー:不幸/失敗

それはなぜか。黙って耐え忍んだ暁に待っているものが何であるか、知っているからだ。

>>続きを見る

 

『困難な何事かを克服するたびごとに、私はいつも幸福を感じます。』

 

カテゴリー:不幸/失敗

なぜならその時、脳内に報酬系物質の『ドーパミン』が放出されているからだ。だとしたら、その時に感じる人間の感想は、

>>続きを見る

 

『自分の誤りを認めなければならないことほど耐えがたいものはない。』

 

カテゴリー:自己/精神

『自分が誤っている』ということを認められる人は、『全身全霊で自分を出しきっていない人』である可能性が高い。

>>続きを見る

 

『苦悩を突き抜ければ、歓喜に至る。』

 

カテゴリー:自己/精神

この言葉にはたくさんの意味が込められている。まず単純に、私が人生のどん底にいたとき、精神分裂病の叔父が私に送った手紙の内容、

>>続きを見る

 

『25歳。それは男のすべてが決まる年だ。悔いを残してはいけない。』

 

カテゴリー:人生/生死

この言葉をチョイスしたのは、とても奇遇だったからだ。私が人生で、思い切った決断をしたのがちょうどその年齢だった。

>>続きを見る

 

『音楽とは、男の心から炎を打ち出すものでなければならない。そして女の目から涙を引き出すものでなければならない。』

 

カテゴリー:知性/知恵

音楽に限らず、この話はぜひ頭に焼き付けたい話だ。あらゆる場面において、この考え方は通用するだろう。

>>続きを見る

 

『君の愛は、私を最も幸せな男にするのと同時に最も不幸な男にもする。』

 

カテゴリー:恋愛/結婚

この言葉だけを見れば、解釈の仕方は実に色々ある。しかし、今回解釈するのは、これを言っているのがベートーヴェン本人で、『君』というのが女性、つまり恋人、あるいは最愛の伴侶だと仮定した場合である。

>>続きを見る

 

『純粋な心だけが美味しいスープを作る。』

 

カテゴリー:自己/精神

しかし、純粋な心を持った赤ん坊が作ったスープは、必ずしもうまいとは限らない。むしろ不味いことの方が多い。

>>続きを見る

 

『不死の心を持つ我々人間は、苦悩と歓喜の為だけに生まれる。その中で最も優れた者は、苦悩を突き抜けて、歓喜を勝ち得ると言えるだろう。』

 

カテゴリー:自己/精神

『不死の心』を持っている人間などいない。何しろ、不老不死ではないからだ。人間は絶対に死ぬのだ。動物も昆虫もそうだ。

>>続きを見る

 

『墓の下にいても、あなた達の役に立てる。これほどの嬉しいことがあるだろうか。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

自分の命が終わった後、自分が遺したものが人類の資産となり、多くの人々に良い影響を与え続けることがある。そう考えると、人間の寿命は100歳ではないのだ。

>>続きを見る

 

『自分の誤りを認めなければならないことほど耐えがたいものはない。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

自分に自信があればあるほど、『誤り』があることを認められない。自分の要素一つ一つ、その全てを認めて、愛し、評価することで、自尊心を高め、あるいは維持して確認し、それを支えにして生きているからだ。

>>続きを見る

 

『大志ある才能と勤勉さの前に 「ここより先は進入禁止」の柵は立てられない。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

『大志ある才能と勤勉さの前に 「ここより先は進入禁止」の柵は立てられない。』つまりこういうことだ。

>>続きを見る

 

『音楽があなたの人生の重荷を振り払い、あなたが他の人たちと幸せを分かち合う助けとなるように。』

 

カテゴリー:知性/知恵

ベートーヴェンの言う通り、音楽は人生の重荷を振り払い、他人と幸せを分かち合う助けとなる。音楽を聴いている時の人の心は軽く、脳内には報酬系物質が報酬されている。

>>続きを見る

 

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP