『ヒト』を最適化しよう。

ホラティウス『何ごとにも節度を守れ。何ごとにも中央があり、その線が適切のしるしなのだから。こちら側でもあちら側でもまちがいが起こる。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

やり過ぎてもダメだ。やらなさ過ぎてもダメだ。重要なのは、『過ぎ』ではなく、『ほどよく』ということである。

 

孔子の言葉の超訳として書いたのは、

孔子

 

この記事だ。そこに書いた福沢諭吉と尾崎行雄のやりとりは、この話の階層を一つ、深くする。更にそこから階層を深くするためには、

 

ブッダ

ブッダ

 

つまり、釈迦が『ブッダ(悟りを開いた者)』になる為に見極めた、『中道』という極意だ。釈迦は、自らの身分であった王族という事実の関係もあって、29歳までにありとあらゆる快楽を味わった。しかし、そこから35歳までの6年間は、打って変わって、ありとあらゆる苦行を味わうことを決意し、そしてその通りに実行した。しかし、釈迦は『ブッダ』になることは出来なかった。

 

釈迦がブッダになる為に必要だったのが、『中道』を見極める目を持つこと、そして『内観』という、瞑想行為だったのだ。この場合で言えば、快楽を突きつめた場所にいるのは、およそ『人間』には見えない。そして、その反対に苦行を突き詰めたとしても、その延長線上にあるのは『死』である。

 

 

確かに、人間のこの身体なんて、汚れそのものなんだから、生きている間は苦行を強いて、死んだ後の世界に期待する、という考え方もあるが、しかし、いたずらに自ら死に向かうようなことを考えるのは、『人間だけ』なのだ。そう考えると、人間が最も重視したいのは、『自然』である。

 

ほどよく、良い加減で、中道的に、自然に

 

しかし、そんなことを考えているのは人間だけだ。そう考えた時、見えて来る一つの道こそが、真理だ。

 

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『流動変化が避けられないことを知っているかどうかは、人間の運命を大きく変える。』 『知者?無知者?自分が振る舞っている人格はどっちだ。』

同じ人物の名言一覧

ホラティウスの名言・格言一覧