Contents

デカルト『良識はこの世でもっとも公平に配分されているものである。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

『良識』というのは、物事の健全な考え方、という意味である。その良識が、この世でもっとも公平に配分されているということは、まず『法律』や『しきたり』が世界中の各地に蔓延していて、そこに一定の『常識』が広がっている。その各地それぞれで、『健全な考え方』というのも連鎖して広がることになる。何しろ、『常識的な考え方=健全な考え方』になるからである。

 

もちろん、ソクラテスが言うように、

ソクラテス

 

その『良識』が正しいものかどうかは、わからない。ただ、『公平に配分されている(蔓延している)』だけだ。

 

 

 

MEMO

※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

 

 

特別情報

当サイトにある500人の偉人の8000の名言は、ぎゅっと集約して『38』にまとめられます。人間がいる以上未来永劫廃れることのないこの情報を、決してお見逃しなく。

 

『38の黄金律』へ

 

名言一覧

名言一覧(厳選した500人の8,000の格言)

 

Pickup名言

8000の言葉から名言がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる言葉に出逢えるかも∠(`・ω・´)✧!?

名言AI

ショーペン・ハウエル『天才は平均的な知性よりは、むしろ狂気に近い。』 ヒルティ『人生のおいて最も絶えがたいことは悪天候が続くことではなく、雲一つ無い晴天が続くことである。』 モンテーニュ『自分を他人に貸すことは必要だが、自分だけにしか自分を与えてはならぬ。』

 

関連する『黄金律

『人の評価に依存することの愚かさを知れ。依存しないなら強い。』

同じ人物の名言一覧

デカルトの名言・格言一覧