名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  > >   >

 

アリストテレス『実際に奴隷である人、あるいは自由民である人のすべてが、生まれながらに奴隷または自由民であるとは限らない。』

アリストテレス


古代ギリシャ哲学者 アリストテレス画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


アリストテレスが息をした時代には、奴隷制度があった。そして、キリストブッダが息をした時代も同じだ。何しろ彼らを祖とするキリスト教や仏教という宗教が出来た背景には、この『奴隷制度』を直視した当時の人間の感情が深く関係しているのである。

 

『ロウソクについていた火が、消えた。だから新しく、つけた。だが、その火がどうしてさっきまでの火と同じものだと言えよう。』

 

ロウソク

 


例えばブッダは、このロウソクの火の考え方で行われてきた負の業(カルマ。行い)が、輪廻(生まれ変わり)によって連鎖されるべきだという考えを強く否定した。これはアリストテレスの考え方と同じだ。しかしアリストテレスはこうも言う。

 

『奴隷に相応しい人が存在する。』と。奴隷になるべく生まれついた人たちがいるというのだ。アリストテレスはこう続ける。

『生まれつき奴隷であり、主人に支配される方が… 彼らにとってはよいのだ。』

 

『つまり、他人のものになれる人、自らは理性を持たないが他人の理性を理解できる程度に理性に関与する人は、生まれながらの奴隷である。』

 

つまりこういうことだ。『主体的』か『反応的』かということである。自分の人生の舵を握り、主人となって文字通り、主体的に生きる人は、たとえ生まれた身分が奴隷であっても、彼は奴隷ではない。

 

だが、自分の人生の舵を握ることを放棄し、舵を握ってくれる主人を探して反応的に生きる人は、たとえ生まれた身分が自由民であっても、彼は奴隷である。

 

ルソーは言った。

『所有している金銭は自由への手段であるが、追い求める金銭は隷属への手段である。』

 

『金』だろうが、『ご主人様』だろうが、自分の人生を『手放して』、隷属的に生きる人間に成り下がってはならない。

 

主人様

 

私の部下には、『主体性を磨け』と指導し続けて10年、全く主体性を持てない人間がいる。正直に言って、10年という時間はあまりにも長すぎる。彼は幼い頃に兄を事故で亡くしたことも手伝って、自分が被害者だと思って生き長らえている。

 

主体性を持たずに周りに判断をさせ、それに乗じて生きていくことに依存してきた。そして社会に出て自立を求められたとき、彼がそれまでそうして逃げ回ってきたツケが回ってきたのだ。

 

彼はまるで『奴隷』である。私は『そうなるな』とどれだけ言っても、異常な数ほど言っても、彼には響かない。

 

教育の神、森信三は言った。

『教育とは流れる水の上に文字を書くような儚いものだ。だが、それを岩壁に刻み込むような真剣さで取り組まなくてはいけない。』

 

何度流されてきただろうか。どれだけの強度で指導してきただろうか。私の『真剣さ』や『エネルギー』を測りたいなら、このサイトをくまなく見ればいい。しかし、彼には響かなかった。いや、厳密には『ほんのわずかしか』響かなかった。

 

つまり、そんな彼でも後500年の時間があれば、大きな成長を見せるだろう。『自由民』として主体性を持ち、自立して生きていくことができるだろう。

 

だが、有限の人生では無理だ。

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

18.『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。

外(環境)が自分の運命を握っているのではない。内(自分の心)がそれを握っているのだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

アリストテレス『実際に奴隷である人、あるいは自由民である人のすべてが、生まれながらに奴隷または自由民であるとは限らない。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

同じ人物の名言


『人生はチャンスと変化に富んでいる。そして最も栄えているときに、人は大きな不幸に見舞われる。』

 

『失敗にはいろいろな道が考えられるが…成功にはひとつの道しかない。』

 

『宴会と同じように、人生からも飲みすぎもせず、喉が乾きもしないうちに立ち去ることが一番良い。』

 

『友情とは二つの肉体に宿れる一つの魂である。』

 

『多数の友を持つ者は、ひとりの友も持たない。野獣は野獣を知る。同じ羽毛の鳥はおのずから一緒に集まる。』

 

『何かをすることを学ぶとき、我々は実際にそれをすることで学ぶ。』

 

『誰でも怒ることは出来る─それはたやすい。だが、適切な相手に、適切な度合いで、適切なときに、適切な目的の為に、適切な怒り方をすることは、たやすいことではない。』

 

『人間の行動はすべて次の七つの原因のひとつ、もしくはそれ以上のものが合わさり起こる。機会・本性・強制・習慣・理性・情熱・希望の七つである。』

 

『幸福とは最高の善なり。幸福なる生活とは徳に即しての生活と考えられる。幸福は満足できる人間に訪れる。幸福は自主自足のうちにある。』

 

『高潔なる人物は恩恵を施すことを好むが、恩恵を施されることを恥じる。』

 

『自殺は、たとえその人自身にとって不正でなくとも、国家に対しては不正なり。』

 

『勤勉なる者も怠け者も、人生の半分には差がない。なぜなら、人生の半分は眠っているのだから。』

 

『その人の性格は、その人の行動の結果である。』

 

『徳とは、我々にとって中庸である行為を選択する態度である。』

 



広告

 

↑ PAGE TOP