Contents|目次

アリストテレス『友情とは二つの肉体に宿れる一つの魂である。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

ここにも書いたが、

 

同じ目標に向かって、自分達の命をシンクロ(一つに)させる。私が確信する『仲間の定義』とはそれが出来るか、出来ないかということである。決して、甘い汁だけ吸って、苦い汁は吸おうとしない。そういう腐った人間関係の事ではない。

 

例えば日常的な小さな話で言えば、私は10代の頃、ダイエットに成功した為、大きくなった洋服を、身体の大きな友人にあげた。その友人は、スリムな洋服を持っていて、彼にはちょっとパツパツで小さそうだった。私が以前それを見た時に、『格好いいねそれ』と言ってあるから、私はこの代わりに、それを交換してくれるものだと思っていた。そうすればお互いがWin-Winになるからだ。

 

しかし彼は表面上ではヘラヘラと『ありがとう』とか言っておきながら、私から洋服を貰うだけだった。買ったばかりの洋服で、ほとんど着ていなかった。何着かあげた。そして彼はそれを気に入って、何度も着ているようだった。しかし私にはそのスリムな洋服をくれなかった。

 

洋服

 

私は、自分が好きであげたのだから、見返りを期待してはいけないと思っていたが、こうして10年経った今もそのことを覚えているということは、傷ついたのだ。彼の中には、その洋服を代わりに私にあげるという発想はなかったらしい。彼の人生を長いこと見てきたから余計にわかる。彼は表面上ではいつもヘラヘラしていて社交性がある様に見えるが、実際は強い執着心に心を支配されていて、表裏的である。その後彼が、そのスリムな服を着ているのを見たことがない。私はそれ以来、彼に洋服をあげるのをやめてしまった。

 

アリストテレスの言う様に、私と彼は、友人ではなかったということらしい。ただ、気づいたら周りにいた一人の同級生だ。どちらか一方の思いが、一方的に強かったり重かったりしても、そこに必ず友情や恋愛が芽生えるわけではない。例えば『ストーカー』だ。その存在はとても一方的である。

 

かつての私の問題で言えば、その原因は3つある。

 

1つ目は、相手の器が小さいことに、腹を立ててしまったこと。2つ目は、私が要求し過ぎ、あるいは『友人』と言う割には十分な話し合いを彼と行っていなかったこと。そして3つ目は、私と彼とが出会ってしまったことだ。

 

1つ目の問題は、相手は確かに人としての器が小さかった。しかし、私も彼と比べた時、何らかの劣る要素を持ち合わせていたはずなのだ。それは、育った家庭環境によっても大きく変わってくる。自分が幼少期に理不尽な思いをして、あるいは温かい愛情に包まれたなら、人として優しい人間になっただろう。

 

自分が幼少期に野球ばかり親とやっていた環境だったのなら、野球の実力がついて、元気で活発な人間になっただろう。それなのに、たまたま『ある要素』を私が持っていたからと言って、たまたま『それを持っていない人間』を見つけて、同じレベルの要求を勝手にし、それに達していないと腹を立てる。そう考えると、理不尽なのは私の方だという考え方もあるはずである。

 

野球

 

2つ目の問題は、『友人』だと思うなら普段から十分な話し合いをすることが必要だった。それが行われていないのに二人の関係は『友人』とは言えないはずだった。盟友と烏合の衆が違う様に、友人もまた、『気づいたら周りにいた』というだけの短絡的な理由では、成立しない人間関係である。自分がどういう信念と思想を持って生きているか、どういう目標に向かって日々の一歩を歩いているかを話し合っていないのであれば、その二人の関係は『友人』と言えるのだろうか。何を『理解し合って』二人は関係を続けているのだろうか。

 

3つ目の問題は、そもそも『理解し合う』前に、私と彼が精神的に未熟で、あるいは家庭環境が悪く、信念も思想も目標もなく、人生をさ迷っているその環境にあった。二人はそのさ迷う迷路の中で出会ったのだ。つまり、それだけでは二人が『友人』であることの確証にはならない。どちらかがその『迷路』から抜け出すように道を示して導くならまだしも、二人で一緒になって迷路に迷い、そこで右往左往しているようなら、二人は単なる『迷走者』である。迷走している人間に、正確な判断など出来るわけがないのだ。

 

しかし、確かに断片的にだけ言えば、私が彼について友の在り方を疑問視したことは、正解だった。だとしたら、私にそれをリード(主導)して教える責任があったのだ。

 

『甘い汁だけ吸って、苦い汁は吸わないのは友人ではないよ』

 

その真理に気づいていたくせして、彼にそう指導・助言しなかった私の責任なのである。精神未熟な、10代の頃の話だ。

 

 

 

MEMO

※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

 

 

特別情報

当サイトにある500人の偉人の8000の名言は、ぎゅっと集約して『38』にまとめられます。人間がいる以上未来永劫廃れることのないこの情報を、決してお見逃しなく。

 

『38の黄金律』へ

 

名言一覧

名言一覧(厳選した500人の8,000の格言)

 

Pickup名言

8000の言葉から名言がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる言葉に出逢えるかも∠(`・ω・´)✧!?

名言AI

ジョン・ドライデン『恋の苦しみは、あらゆる他の悦びよりもずっと愉しい。』 盛田昭夫『どの世界でも、偉人というものはたいてい、自分で自分の能力を発見し、育てていった人であろう。』 中国の諺『たびたび井戸から水を汲むと、必ず濁る。同じように、物思いをすればするほど心は乱れる。』

 

関連する『黄金律

『本当の友人とは。』

同じ人物の名言一覧

アリストテレスの名言・格言一覧