Contents|目次

アリストテレス『革命は些細なことではない。しかし、些細なことから起こる。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

芥川龍之介は言った。

 

燃えてしまったマッチ箱。そこからカーテンに引火し、天上とふすまが焼け、あっという間に家屋が全焼する。 火事は本当に怖い。だが、きっかけはたった一個のマッチ箱だった。『割れ窓理論』とは、『建物の窓が割れているのを放置すると誰も注意を払っていないという象徴になり、やがて他の窓も間もなく全て壊される』という理論の意味。

 

シェイクスピアは言った。

 

些事を軽んじてはならない。そういう意味で、これは下記の黄金律に接触している言葉である。

 

『「一歩」の価値をどう評価するかで、その人間の人生は決まる。』

 

『革命は些細なことではない。しかし、些細なことから起こる。』

 

ほんの小さな出来事や、ほんのわずかな努力が端緒となり、雪だるま式に時間をかけて大きな雪玉となる。こういうことは、この世の常である。例えば最初、大河は一滴の『葉からしたたり落ちる雨水』だったかもしれない。しかし、膨大な時間をかけて大きな川になり、やがて見る者を圧倒させる甚大なエネルギーを持つ大河へと変身していった。

 

一歩の価値を見下してはならない。その一歩の積み重ねが、やがて大きな結果となる。人はとかく『膨張路線』に走りがちだが、歩くべき道は『成長路線』だ。膨張は弾けて消えるのが相場である。このテーマについて語るのにこれ以上わかりやすい話はない。実に50年以上もの間右肩上がりの会社がある。『伊那食品工業』だ。50年以上黒字ではない。『右肩上がり』なのだ。これはすごい。だから日本一の会社、トヨタの社長、会長が視察に来るほど、素晴らしい会社なのである。

 

右肩上

 

この会社はかつて、『全国規模』で商売をするチャンスがあったとき、社内で意見が真っ二つに割れたことがある。幹部や大勢の社員はその話に前のめりで野心にあふれていた。しかし、社長だけはそれを否定し、こう言ったのだ。

『今の当社が無理にそういう身の丈に合わないことをやると良いことは起きない。例えば大量生産をする過程でぞんざいな対応が出て、その恥を全国にさらすことで逆に状況は悪化するかもしれない。また、地元の人々はどうする。我々は地元の人たちに支えられたからこそ今があるのだ。全国に目が眩み、地元がおろそかになることは本末転倒である。今はまだその話を受けるときではない。』

 

社長のこういう『成長路線』を生きる判断こそが、この会社を一流の会社へと昇華させているのだ。社長は『カンブリア宮殿』の記者に会社の庭にある木を説明しているとき、こう言っていた。

『どうですこの木。ユリノキって言うんですけどね。竹みたいにすらーっと上に長く伸びてるでしょ。この木が一番伸びるのが早いんです。…でもね、台風が来た時に一番最初に折れるのも、この木ですけどね。』

 

 

 

MEMO

※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

 

 

特別情報

当サイトにある500人の偉人の8000の名言は、ぎゅっと集約して『38』にまとめられます。人間がいる以上未来永劫廃れることのないこの情報を、決してお見逃しなく。

 

『38の黄金律』へ

 

名言一覧

名言一覧(厳選した500人の8,000の格言)

 

Pickup名言

8000の言葉から名言がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる言葉に出逢えるかも∠(`・ω・´)✧!?

名言AI

ジョン・ミルトンの名言・格言一覧 川上哲治『疲れるまで練習するのは普通の人。倒れるまで練習しても並のプロ。』 トーマス・ブラウン『ひとりでいる力をつけよう。』

 

関連する『黄金律

『後始末では遅い。前始末をせよ。』

『「一歩」の価値をどう評価するかで、その人間の人生は決まる。』

同じ人物の名言一覧

アリストテレスの名言・格言一覧