名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

フリーチェ『人生は学校である。そこでは幸福よりも不幸のほうがよい教師である。』

フリーチェ


ロシア文学者 フリーチェ


ラチェット効果』とは、例えば、一度上がってしまった生活水準を忘れられず、その時支出していた金額を使おうとし、結果的にそれが『浪費』になり、破産してしまう現象のことを指す。

 

例えば私の知人の億万長者は、皇族も食べるという『一万円のカレー』を食べたり、 毎日豪勢な食事や酒を楽しむ生活を続けていたせいで、庶民的な店で食べる焼肉屋の肉を食べ、

『何だこの肉、輪ゴムみてえだな』

 

と言ってしまった。彼の最低水準は、高級な和牛だったのだ。彼にもこのラチェット効果が働いているのである。

 

 

和牛

 

作家の五木寛之氏は著書『大河の一滴』でこう書いている。

 

───▼

 

あるシベリア帰りの先輩が、私に笑いながらこんなことを話してくれたことがある。

 

『冬の夜に、さあっと無数のシラミが自分の体に這い寄ってくるのを感じると、思わず心が弾んだものだったそれは隣に寝ている仲間が冷たくなってきた証拠だからね。

 

シラミは人が死にかけると、体温のある方へ一斉に移動するんだ。明日の朝はこの仲間の着ている物をいただけるな、とシラミたちを歓迎する気持ちになったものだった。あいだに寝ている男が死ぬと、両隣の仲間にその死人の持ち物、靴や下着や腹巻や手袋なんかを分け合う権利があったからね。』

 

───▲

 

かつて戦争時代、『シラミ』が身体に移ったことを喜んだ。隣にいる人が死んだ証拠であり、その人の靴や衣服を貰ってもいい権利があったからだ。彼らからすればその億万長者の一言は異次元だ。彼のことが人間の心をまるで理解していない、醜い肉の塊にしか見えないことだろう。

 

憎悪すら抱くのではないだろうか。(お前のような奴がいるから戦争が起きたんだ) と思って、醜い人間の心をひたすら呪ったに違いない。

 

『幸福の体験』は必ずしも人に幸福を与えるわけではない。

 

キリスト

『艱難辛苦が器を広げる』(超訳)

 

と言い、ブッダも、

『自分の思い通りに行きすぎることも良いことではない』(超訳)

 

と言う。艱難辛苦(かんなんしんく)とは、非常に辛い出来事、窮地という意味だ。そういう深化の時期を経験できるかどうかが、人間の真価を決める、カギになる。

 

電力王、松永安左エ門はこう言っている。

『実業人が実業人として完成する為には、三つの段階を通らぬとダメだ。第一は長い闘病生活、第二は長い浪人生活、第三は長い投獄生活である。このうちの一つくらいは通らないと、実業人のはしくれにもならない。』

 

我々が『生きているだけで丸儲け』だということを理解するためには、『不幸かつ不遇の道』を通ることが、必須なのである。

 

アメリカの詩人、ホイットマンは言う。

『寒さにふるえた者ほど太陽を暖かく感じる。人生の悩みをくぐった者ほど生命の尊さを知る。』

 

太陽が当たり前の様にあると思い込み、命を育む暖かさを喜べない人間は、不幸である。

 

太陽

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

スポンサーリンク
『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

1.『ピンチ?逆境?絶体絶命?いや違う。『チャンス』だ。

人間が背負う全ての思い悩みや苦しみは、選ばれし者だけが受けられる『資格試験』だ。そして、『ピンチはチャンス』の意味をはき違えている人間は多い。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人生のあらゆる艱難辛苦とは、バネにかかる圧力である。』

 

 

黄金律

『艱難辛苦とは、自分の器を削る作業に他ならない。器を大きくしている間は、少しくらい我慢しなければならない。』

 

黄金律

『逆境?窮地?それはそうだろう。枯渇したのだ。それはスポンジが水を吸収する用意が整ったことを意味する。』

 

黄金律

『人間は一生過ちを犯し続ける。『人間』とは、それを認識している者に与えられた称号である。』

 

 

黄金律

『この道は闇に続いている。私はそれを人一倍知っている。だからこそ歩ける、王道の道がある。私は堕ちたのではない。王になる道を歩く権利を得たのだ。』

 

 

 

フリーチェ『人生は学校である。そこでは幸福よりも不幸のほうがよい教師である。』




↑ PAGE TOP