名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

福沢諭吉『学校の卒業などということは大して意義はない。』

福沢諭吉


日本武士 福沢諭吉画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


しかしそう言われてしまったら、必死に勉強して学校に行った、あるいは行っている人間が、嫌な思いをする。

 

だが、福沢諭吉は別に『学校に行ってる奴は皆勘違いした馬鹿』と言っているわけではないのだ。だから何一つ問題はない。むしろ、行っていい。何しろ福沢は、慶應義塾の創始者であり、それが今の慶應義塾大学の形を作っているのだ。言っているのは『卒業に意義はない』という言葉だ。一字一句をよく見なければならない。

 

例えば、『あそこの大学を出た』ということをひけらかす人間がいるが、彼らの様な人間が軽薄に見える、ということを言っているのである。

 

そんなことしか話せることがないのか、ということで喝を入れているのである。重要なのは、『卒業をひけらかす』のではなく、『何を学んだか』だ。

 

 

しかし、『それをネームバリューにしてアドバンテージを得る』という考えは蔓延している。だが、別にそんなことは関係なく、『意義などない』と言っているのだ。

 

『意義』の話をしているのである。『意味』ならそのアドバンテージを考えた時にあるかもしれないが、およそ『意義』というほど高潔なものではない。

 

それはまるで『法律の援用』に似ている。『援用』とは、自分の好きなように解釈する、という意味で、例えばこの場合、

『時効は15年だ。だから事件を起こして、15年あそこに逃げて、そうすれば無罪だ。』

 

と考えるのが、法律の援用ということである。法律の時効はその為に作られたのではない。それを考えた時、なるほど。一見すると正当に見えるそのアドバンテージの話も、単なる『援用』であり、本質を見誤った、愚かな判断ミスである。

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

25.『自分のものに出来ない知識は、自分の知識とは言えない。

知識と知恵は違う。それを理解するのが知性だ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

福沢諭吉『学校の卒業などということは大して意義はない。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

 

同じ人物の名言


『猿に見せるつもりでかけ。おれなどはいつも猿に見せるつもりで書いているが、世の中はそれでちょうどいいのだ。』

 

『あまり人生を重く見ず、捨て身になって何事も一心になすべし。』

 

『人間の心がけは、とかく世を軽く見て、熱心に過ぎざるにあり。』

 

『人生、万事、小児の戯れ。』

 

『人間は、ただ一身一家の衣食が足りていることで満足してはいけない。』

 

『どんなに貧しく賤しい者でも、なぜ貧乏で賤しいか、その原因を知り、それが自分にあるということが分かれば、決して、やたらに他人を怨望したりはしません。』

 

『人間の感情は、活動に自由がなければ、どうしても他人を怨望することになるのです。』

 

『話し方や容貌も心の働きですから、これをいい加減にしていては上達するわけがありません。』

 

『学問に志す者は、学ばなくてはなりません。信じるべきか疑うべきか思い惑っているのではなく、まず学んでみることです。』

 

『仕事のほうからやってきて人を求めることはない。こちらから進んで求めるのでなければ、結局は仕事にはめぐりあえないだろう。』

 

『自ら動こうとしないものを、導くことはできない。』

 

『愚民の上に苛酷な政府がある。良民の上には良い政府がある。』

 

『苦は楽の種で、楽は苦の前兆である。』

 

『水があまりに清ければ、魚は棲めない。人は知的であり過ぎれば、友を得るのが難しい。友人を受け入れるには、度量が広く、多少ぼんやりとしているところもあったほうがいい。』

 



↑ PAGE TOP