名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >   >  >  >

 

渋沢栄一『一人ひとりに天の使命があり、その天命を楽しんで生きることが、処世上の第一要件である。』

渋沢栄一


日本実業家 渋沢栄一画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


ジャンヌ・ダルクも、

『一度だけの人生。それが私たちの持つ人生すべてだ。』

 

と言い、ココ・シャネルも、

『公爵夫人はほかにもいたけれど、ココ・シャネルはただひとり。』

 

と言い、松下幸之助も、

『自分には自分に与えられた道がある。天与の尊い道がある。どんな道かは知らないが、ほかの人には歩めない。』

 

と言ったが、自分の人生は、唯一無二なのだ。他に同じものがないのだ。過去、未来永劫という時間の中でも、この、全宇宙という甚大な規模の中でも、唯一無二なのだ。

 

宇宙の外にもう一つの宇宙があり、そこに同じ要素の惑星があって、もう一つの地球があり、そこに自分と同じ要素の存在(ドッペルゲンガー)がいたとしても、関係ない。自分という要素は、この世に唯一無二なのだ。

 

だとしたら自分がこの人生でやるべきことは何だ。そんな事は他人は知らない。自分にしか導き出せるわけがないだろう。

 

 

そこに自由があり、個性があり、そしてそれこそが天命を楽しんで生きるということなのである。

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

9.『他と違うことは恥ではない。誇りだ。

他と異なることで迷うことなど何もない。元より、唯一無二の命なのだ。例えば、それだけでそこには競争優位性がある。


>>続きを見る

 

10.『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。

生命が、その命を度外視してなし得ることは、尊い。


>>続きを見る

 

11.『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。

自分のこの命を何と心得る。この広漠とした果てしない宇宙、過去、未来永劫という甚大な規模において、唯一無二なのだ。


>>続きを見る

 

12.『『生きる』ということの本当の意味とは。

『生きる』というのは命の躍動だ。命の浪費ではない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人生は儚い。だが、だからといってそれがくよくよと下を向いて生きていく理由にはならない。儚いからこそ尊いのだ。』

 

黄金律

『我々は『たった一度の人生を生きている』のだ。』

 

 

黄金律

『よいお年を?違う。悔いのない人生を。』

 

 

黄金律

『このたった一度の人生で、悔いが残らないと心底から思える道を知っているのは、この世でたった一人だ。』

 

黄金律

『この世に決まったレールなど最初からない。あるのは地球だ。そして命の日数だ。その中でどう生きるかだけだ。』

 

黄金律

『我々は、老年になる為に生きているのではない。命を使い切る為に生まれたのだ。』

 

 

 

 

渋沢栄一『一人ひとりに天の使命があり、その天命を楽しんで生きることが、処世上の第一要件である。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

 

同じ人物の名言


『論語(義・倫理)とそろばん(利益)は両立する。』

 

『大なる立志と小さい立志と矛盾するようなことがあってはならぬ。』

 

『事業には信用が第一である。世間の信用を得るには、世間を信用することだ。個人も同じである。自分が相手を疑いながら、自分を信用せよとは虫のいい話だ。』

 

『親から子に対して孝を励めよと強ゆるのは、かえって子を不孝の子たらしむるものである。』

 

『すべて物を励むには競うということが必要であって、競うから励みが生ずるのである。』

 

『個人の富はすなわち国家の富である。』

 

『『智』、『情』、『意』の三者が権衡を保ち、平等に発達したものが完全の常識だと考える。』

 

『その仕事が真に有望で、且つ、その人が真に信用ある人なら資本ができぬはずがない。』

 

『余はいかなる事業を起こすにあたっても、利益を本位に考えることはせぬ。』

 

『たとえその事業が微々たるものであろうと、自分の利益は少額であろうと、国家必要の事業を合理的に経営すれば、心は常に楽しんで仕事にあたることができる。』

 

『事を成し、物に接するには、必ず「満身の精神」をもってせよ。ささいな事であっても、いい加減に扱ってはならない。』

 



↑ PAGE TOP