名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

パスカル『心情は理性の知らないところの、それ自身の道理を持っている。』

パスカル


フランス哲学者 パスカル画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


ドストエフスキーは言った。

『人は思想をとらえようが、思想はつねに人間よりも現実的である。』

 

ここにも書いたが、人間はどうも『理性』とか『意志』というものとは別に、もう一つの人格というか、本性のような物を兼ね備えている様である。

 

例えば、日本文芸社『脳とカラダの不思議』にはこうある。

 

-----------▼

 

一般の動物は、育てやすい季節に出産を行えるように発情期というものが脳の中にプログラミングされているが人間の場合はいつでもセックスが可能だ。これは、脳の中の大脳皮質が深く関係している。

 

生殖に関するメカニズムを担っているのは脳幹にある視床下部であるが、人間の場合は大脳皮質の前頭連合野も性行動に深く関係している。

 

 

もし、視床下部だけに性行動が支配されているとしたら、人はひたすら欲望の赴くままにセックスを求めて、社会的な秩序はあっという間に崩壊してしまう。

 

-----------▲

 

例えば脳なら、これら本能的な動きがそうだ。それから、パスカルの言うように『心情』ということも、脳と心は繋がっているわけで、これらはほとんど同じ意味である。

 

併せて見たいのはこれだ。

 

『規範意識とは』

 

人間の想像をフル回転させなければ、ここにある問題の正確な答えを出すことは出来ない。理にかなっているようで、理にかなっていない。しかし、間違いなく一理あるという、不思議な話である。

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

2.『愛があれば全ては解決する。

愛は没我であり、潤滑油である。円滑にいかない場所に愛はない。

>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『この世には、命よりも大事なものがある。しかし、それは『上』にあるのではない。だから、『命よりも上』という表現は相応ではない。『中心』にあるのだ。』

 

黄金律

『全ての人間が自分のやるべきことをやらないと、世界平和は実現しないのだ。 』

 

黄金律

『世界平和の実現に必要なのは『真理=愛=神』の図式への理解だ。』

 

黄金律

『真理(愛・神)から逸れれば逸れるほど虚無に近づく。』

 

 

 

パスカル『心情は理性の知らないところの、それ自身の道理を持っている。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

 

同じ人物の名言


『人間は、死、悲惨、無知を癒すことができなかったので、自己を幸福にするために、それらを敢えて考えないように工夫した。』

 

『人間は神と悪魔の間に浮遊する。』

 

『人間は一本の葦にすぎない。自然のうちで最も弱いものである。だがそれは考える葦である。』

 

『すべての人間の不幸は、部屋に一人で静かに座っていられないことに由来している。』

 

『思考が人間の偉大さをなす。』

 

『時は苦しみや争いを癒す。というのは、人が変わるからである。人はもはや同一人ではないのである。』

 

『真理が支配しているときに平和を乱すことがひとつの犯罪であると同様に、真理が破壊されようとしているときに平和にとどまることも、やはり、ひとつの犯罪ではないか?』

 

『知恵は知識にまさる。』

 

『神が存在するということは不可解であり、神が存在しないということも不可解である。』

 

『神を感じるのは心情であって、理性ではない。信仰とは、そのようなものである。』

 

『自然はそのすべての真理を、それぞれそれ自身のうちにおいた。我々の技巧は、それらの一方を他方のうちに閉じこめようとする。だが、それは自然的ではない。』

 

『誤った法律を改正する法律くらい誤ったものはない。法律は正義であるがゆえに従うといって服従している者は、自分の想像する正義に服従しているのであって、法律の本質に服従しているのではない。』

 



↑ PAGE TOP