『パスカルの言葉』を自分のものにしよう!

ブレーズ・パスカルとは(画像

フランス哲学者。ブレーズ・パスカルは、1623年6月19日に生まれ、1662年8月19日まで生きました。フランスの哲学者であり自然学哲学者だけでなく、思想家や数学者、さらにはキリスト教進学者としての一面を持っていました。幼い頃からその才能を発揮しており、多分野において高い功績を残していますが、30代で逝去するという短命さでも知られています。

 

パスカルが残した名言として、「人間とは考える葦である」というものがあります。この言葉自体はパスカルが誰かに言ったものではなく、彼の手稿にあった言葉です。人間一人一人は一本の葦ではあり、自然の中では弱い存在であるが、考えることができるからこそ偉大な生き物であるという意味が込められています。

メニュー

内省記事一覧