『ヒト』を最適化しよう。

ボールドウィン『人は望むだけ自由になれる。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

望むだけ自由になれる。そのことについての詳細は、

 

 

に書いた。

 

『刑務所の鉄格子の間から、二人の男が外を見た。一人は泥を眺め、一人は星を眺めた。』

 

全てが自分が、決めるのだ。

 

関連リンク:藤木と山田-2

 

例えば、ビル・ゲイツスティーブ・ジョブズのような人間がいる。またあるいは、ニコラ・テスラは、

 

と言ったが、彼らの思い描くビジョンというものは、場末の商店街にあるさびれた金具店の店長と同じではない。いや、その人の人生を軽蔑するわけではない。ただ、事実を言っているだけなのだ。その店長とて、自分の人生が本当に世の多くの人に真似てもらいたい生き方だとは思っているわけではないだろう。

 

金具店をやることは全然いい。だが、『場末の商店街で店をさびれさせる』あたり、責任はその店長にあると言ってよく、その生き方は決して模範的な生き方ではない。

 

ボールドウィンは、『人は望むだけ自由になれる』と言っている。しかし、その自由とはもちろん、生き方のことを指し示している。どれだけ社会に貢献し、どれだけ仕事をし、余暇時間を何に使い、この有限の人生の時間の中で何がしたいか。それはこの世に生まれる全ての人間に与えられている選択肢である。

 

選択肢

 

もちろん、生まれてすぐに死んでしまう儚い生命や、奇病を患い、あるいはハンデを背負って生きることを強いられる人もいる。

 

だが、ヘレン・ケラーはこう言い、

 

スティービー・ワンダーはこう言った様に、

 

『人は望むだけ自由になれる』のだ。自分の人生のカギを握っているのは環境ではなく、自分なのである。見るべきなのは以下の黄金律だ。

 

『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。』

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。また、Twitter名言アカウントにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。』

同じ人物の名言一覧