名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

チェ・ゲバラ『人は環境によって抑圧される自身の人格を守り、汚れのないままでいようという願望をもつユニークな存在として、芸術的な観念に反応する。』

チェ・ゲバラ


アルゼンチン革命家 チェ・ゲバラ画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


『人は環境によって抑圧される自身の人格を守り、汚れのないままでいようという願望をもつユニークな存在として、芸術的な観念に反応する。それは逃避以外のなにものでもない。』

 

ニーチェは言った。

『自分自身に対する極度の清潔癖が私の生存の前提条件となっていて、不潔な条件の下では命すら危ない。だから、私はいわば絶えず水の中で、もしくは完全に透明な光輝く元素の中で、泳いだり、浸ったり、ぱちゃぱちゃしている。』

 

 

シド・ヴィシャスはこうだ。

『俺は映画なんて大っ嫌いだ。映画ではみんな決まった役をやらなければいけない。自分自身とは違う人物の真似をして。俺の言っていることわかるだろう?それは高慢で嘘でとにかく最低だ。物事を事実と違うようにでっち上げるんだからな。』

 

 

 

 

  • 関連ページ▼
  •  

    スポンサーリンク

     

    チェ・ゲバラの言葉を自分のものにする



    そして当社の部下である、

    『僕は一生現実逃避をして生きていきます。』

     

    と言った人間もそうだが、もちろんここに挙げられた彼らは人として大分形は違うが、実は極めて俯瞰的に見れば同じで、絵で見ればわかりやすい。

     

     

    こういった個々各人であるユニークさを、

     

     

    他の要素を容認することを拒絶し、自分の殻を頑なに守らなければ、

     

     

    『別の色』が混入して、『元の色』を見誤ってしまうのだ。

     

    しかし考えたいのは、その『正確性』である。本当に一番上の様な、『ユニークな卵』であることが出来ているのだろうか。本当にそれに他の要素は介入していないのだろうか。

     

    広告審議会『AC』の設立者、ジェームズ・W・ ヤングは、著書、『アイデアのつくり方』でこう言っている。

    『アイデアとは既存の要素の新しい組み合わせ以外の何ものでもない』

     



    自分自身というユニークさを大事にする気持ちは、私には馬鹿みたいによくわかる。 私もそれを重んじる人間の典型と言っていい。

     

    ブッダは言っている。

    ブッダ

    『天上天下唯我独尊』だと。

     

    それは、この世に自分という存在は、たった一人しかいない、唯一無二の人生を、悔いなく生きるべし、という意味なのである。

     

    それは私の心にも深く突き刺さる言葉だ。

     

    だが、自分が、清廉潔白なユニークな存在だと思う考えの正確性は、首をかしげざるを得ない。

     

    吉行淳之介は言った。

    『汚れるのが厭ならば、生きることをやめなくてはならない。生きているのに汚れていないつもりならば、それは鈍感である。』

     

     

     

    ※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

    著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

     

    シェア

     

    スポンサーリンク

     

    著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

     

    『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

     

    関連する黄金律

    黄金律

    この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

     

     

     

    9.『他と違うことは恥ではない。誇りだ。

    他と異なることで迷うことなど何もない。元より、唯一無二の命なのだ。例えば、それだけでそこには競争優位性がある。


    >>続きを見る

     

    10.『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。

    生命が、その命を度外視してなし得ることは、尊い。


    >>続きを見る

     

    11.『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。

    自分のこの命を何と心得る。この広漠とした果てしない宇宙、過去、未来永劫という甚大な規模において、唯一無二なのだ。


    >>続きを見る

     

    12.『『生きる』ということの本当の意味とは。

    『生きる』というのは命の躍動だ。命の浪費ではない。


    >>続きを見る

     

     

    関連する記事

    黄金律

    『人生は儚い。だが、だからといってそれがくよくよと下を向いて生きていく理由にはならない。儚いからこそ尊いのだ。』

     

    黄金律

    『我々は『たった一度の人生を生きている』のだ。』

     

     

    黄金律

    『よいお年を?違う。悔いのない人生を。』

     

     

    黄金律

    『このたった一度の人生で、悔いが残らないと心底から思える道を知っているのは、この世でたった一人だ。』

     

    黄金律

    『この世に決まったレールなど最初からない。あるのは地球だ。そして命の日数だ。その中でどう生きるかだけだ。』

     

    黄金律

    『我々は、老年になる為に生きているのではない。命を使い切る為に生まれたのだ。』

     

     

     

     

    チェ・ゲバラ『人は環境によって抑圧される自身の人格を守り、汚れのないままでいようという願望をもつユニークな存在として、芸術的な観念に反応する。』


    スポンサーリンク

     

    当サイト最重要記事

    黄金律

    8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

     

    黄金律

    『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

     

     

    偉人の名前や名言を検索

     

    おすすめ関連記事

     

     

    ↑ページの上部へ

     

     

    同じ人物の名言


    『明日死ぬとしたら、生き方が変るのか?あなたの今の生き方は、どれくらい生きるつもりの生き方なのか。』

     

    『未来のために今を耐えるのではなく、未来のために今を楽しく生きるのだ。』

     

    『蓄財できるすべての黄金よりも、はるかに決定的でいつまでも続くのは、人民たちの感謝の念なのである。』

     

    『人間はダイヤモンドだ。ダイヤモンドを磨くことができるのはダイヤモンドしかない。人間を磨くにも人間とコミュニケーションをとるしかないんだよ。』

     

    『世界のどこかで、誰かが蒙っている不正を、心の底から深く悲しむことのできる人間になりなさい。それこそが革命家としての、一番美しい資質なのだから。』

     

    『私はキリストではないし、慈善事業家でもない。キリストとは正反対だ。正しいと信じるもののために、手に入る武器はなんでも使って戦う。』

     

    『バカらしいと思うかもしれないが、真の革命家は偉大なる愛によって導かれる。人間への愛、正義への愛、真実への愛。愛の無い真の革命家を想像することは、不可能だ。』

     

    『何千回でも答えよう。「その通りだ」と。』

     

    『指導者とは、人が自分と同じところまで追いつけるように誘導するものだ。ただ言葉で強いるのでなく、後ろにいる人たちを力づけて、自分のレベルまで引き上げようとするのだ。』

     

    『国民の英雄たるもの、国民から遠くはなれていてはいけない。高い台座に上って、国民の生活と無縁なところにおさまるべきでない。』

     

    『ある日の真実が、永遠の真実ではない。』

     



    ↑ PAGE TOP