名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

ニーチェ『自分自身に対する極度の清潔癖が私の生存の前提条件となっていて、不潔な条件の下では命すら危ない。だから、私はいわば絶えず水の中で、もしくは完全に透明な光輝く元素の中で、泳いだり、浸ったり、ぱちゃぱちゃしている。』

ニーチェ


ドイツ哲学者 ニーチェ画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


『自分自身に対する極度の清潔癖が私の生存の前提条件となっていて、不潔な条件の下では命すら危ない。だから、私はいわば絶えず水の中で、もしくは完全に透明な光輝く元素の中で、泳いだり、浸ったり、ぱちゃぱちゃしている。そのため、私にとって他人との交際は少なからぬ忍耐の試練となる。』

 

 

他の人の『色』と混じり合いたくない。混じり合うと、『別の色』になってしまう気がする。『別の色』になってしまうのであれば、この世に自分が『元の色』として生まれた意味がなくなる。『元の色』こそが、自分のアイデンティティ(身分証明)なのだ。

 

 

 

  • 関連ページ▼
  •  

    スポンサーリンク

     

    ニーチェの言葉を自分のものにする



    元々違う要素で出来た個々各人の人格という個性。

     

     

    環境も違う。状況も違う。そんなダイバーシティ(多様性)のある差異の中で、
    独立性を維持して生きるには『殻』が必要になる。

     

    他の人と混じり合うと、せっかく磨き上げてきた、その『殻』が破れ、

     

     

    『別の色』が混入して、『元の色』を見誤ってしまうのだ。

     

     

    他の色に染められたその色は、本当に『自分』なのだろうか。高潔な人格を追求する人間ほど、そういう潔癖症になる。

     

    だが、今の自分の『色』は、本当に『自分の要素だけで構成されている』のだろうか。単なる思い違いなのかもしれない。自分が限りなく透明に近い存在だと考えていることは。

     

    知らぬ間に『刷り込まれて』いる。偉人、賢人の『知』の、多大なる影響も受けている。『血』と『細胞』が、受け継がれている。

     

    吉田松陰は、

    『人にはそれぞれ生まれつきの性質がある。だから、昔の心ある人に学び、自分に近いよい性質を自分のものとするべきである。』

     

    と言ったが、『忍耐の試練』と感じるならば、その相手は『自分に遠い悪い性質』の要素で出来た人なのだ。その要素は、取り入れる必要はない。だが、取り入れるべく要素もあるはずだ。自分が神でもない限り。

     

    『もし人間が完全であったら、人間は神なのだが…。』byヴォルテール

     

     

     

     

    ※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

    著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

     

    シェア

     

    スポンサーリンク
    『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

     

    関連する黄金律

    黄金律

    この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

     

     

     

    9.『他と違うことは恥ではない。誇りだ。

    他と異なることで迷うことなど何もない。元より、唯一無二の命なのだ。例えば、それだけでそこには競争優位性がある。


    >>続きを見る

     

    10.『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。

    生命が、その命を度外視してなし得ることは、尊い。


    >>続きを見る

     

    11.『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。

    自分のこの命を何と心得る。この広漠とした果てしない宇宙、過去、未来永劫という甚大な規模において、唯一無二なのだ。


    >>続きを見る

     

    12.『『生きる』ということの本当の意味とは。

    『生きる』というのは命の躍動だ。命の浪費ではない。


    >>続きを見る

     

     

    関連する記事

    黄金律

    『人生は儚い。だが、だからといってそれがくよくよと下を向いて生きていく理由にはならない。儚いからこそ尊いのだ。』

     

    黄金律

    『我々は『たった一度の人生を生きている』のだ。』

     

     

    黄金律

    『よいお年を?違う。悔いのない人生を。』

     

     

    黄金律

    『このたった一度の人生で、悔いが残らないと心底から思える道を知っているのは、この世でたった一人だ。』

     

    黄金律

    『この世に決まったレールなど最初からない。あるのは地球だ。そして命の日数だ。その中でどう生きるかだけだ。』

     

    黄金律

    『我々は、老年になる為に生きているのではない。命を使い切る為に生まれたのだ。』

     

     

     

     

    ニーチェ『自分自身に対する極度の清潔癖が私の生存の前提条件となっていて、不潔な条件の下では命すら危ない。だから、私はいわば絶えず水の中で、もしくは完全に透明な光輝く元素の中で、泳いだり、浸ったり、ぱちゃぱちゃしている。』


    スポンサーリンク

     

    当サイト最重要記事

    黄金律

    8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

     

    黄金律

    『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

     

     

    偉人の名前や名言を検索

     

    おすすめ関連記事

     

     

    ↑ページの上部へ

     

     

    同じ人物の名言


    『あなたにとって最も人間的なこと、それは誰にも恥をかかせないことである。』

     

    『もっと喜び楽しむことを学ぶこと、それこそ他人を苦しめたり、苦しめようと考えたりすることを忘れさせる最善の方法である。』

     

    『私はひとりでいることにすっかり慣れ親しんでいるので、決して自分を他人と比較するようなことはせず、静かな楽しい気分で自分との対話に打ち興じ、笑いさえ交えて孤独の生活を紡ぎ続ける。』

     

    『危険、偶発、悪意、悪天候に遭遇したならば、自力で切り抜けねばならない。自分の道をまさに自分のために進んでいるのだから。』

     

    『道徳家が誰かをつかまえて、「君はかくかくであるべきだ」と言ったとしても、それは物笑いの種になるだけだ。』

     

    『隣人を自分自身と同じように愛するのもいいだろう。 だが、何よりもまず自分自身を愛する者となれ。』

     

    『君には人生の重荷が重すぎるというのか。それなら、君はその重荷をもっと増やさねばならない。』

     

    『自分に命令する力のない者ほど、自分を命令する者を求める。』

     

    『独創性とは何か。万人の目の前にありながら、まだ名前を持たず、まだ呼ばれたことのないものを見ることである。』

     

    『理解するとは、何か新しいものを、何か古い熟知の言葉で表現しうるということにほかならない。』

     

    『論理は完全な虚構の見本である。』

     

    『私は自分がショーペンハウアーを正しく理解したなどとは思わない。そうではなく、ショーペンハウアーを通して自分自身を少しばかりよりよく理解することを学んだに過ぎない。』

     



    広告

     

    ↑ PAGE TOP