名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

三島由紀夫『無神論も、徹底すれば徹底するほど、唯一神信仰の裏返しにすぎぬ。無気力も、徹底すれば徹底するほど、情熱の裏返しにすぎぬ。』

三島由紀夫


日本作家 三島由紀夫画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


私は無神論者だからよくわかる。

 

私は実に30年間、実の両親からクリスチャンであることを強要された。

 

キリスト教である。

キリスト

 

『嫌だ』と言っているのに、執拗に、来る日も来る日も教会に行くように怒鳴りつけ、辛気臭い声を出して、これ見よがしに祈りを捧げる。

 

これはもう、無神論者からすれば『地獄』だ。精神的虐待だ。しかし、クリスチャン同士なのであれば、心は癒されるだろう。

 

だが、私からすれば地獄だ。何しろ、私の意志などはお構いなしに、イエス・キリストに『様』付けをし、自分の主人となるようにひれ伏せというのだから。

 

 

 

 

  • 関連ページ▼
  •  

    スポンサーリンク

     

    三島由紀夫の言葉を自分のものにする



    しかもうちの両親ときたら、『私たちのはキリスト教ではない』などと言うのだから、まあ、自我が発達したばかりの中学生頃の私の自我が人一倍発達し、私が人一倍自由を求め、私が人一倍、信仰や人間について葛藤するようになったことは、想像にた易いはずである。

     

    キリスト教が嫌いなのではない。押し付けられる意志を受け入れることが出来ないのだ。

     

    何しろそれは、殺人行為に等しいと私は考えていた。意志があるのに、無いように振る舞って、その主を、別に尊敬していない人間に移譲する。こんな屈辱はない。

     

    しかし、ではなぜ私はそんなにもそれを拒絶したのだろうか他に気になる宗教があるのか。

     

    いや、一切ない。何一つない。

     

    他国を見ると、当たり前の様に宗教と人生がシンクロしている。同じ人間なのに、なぜこうも意志の在り方に違いがあるのか。

     

    私は自分の人生をこれでもかというくらい迷ったし、葛藤したが、あまりにも複雑すぎる問題で、10代の頃の私では、全く太刀打ちできず、思慮を放棄することで刹那的に難を逃れた。

     

    激動の10年が過ぎ、ようやく私の心が整った頃、私はキリストも含めた、


    孔子

    孔子

    ソクラテス

    ソクラテス

    ブッダ

    ブッダ


    の言葉と向き合い、彼らの教えが何であるかに目を向けた。すると、何と彼らの教えは、極めて真理であり、傾聴に値することを知ったのだ。

     

     

    そして私は確信したのだ。私が『違和感』を覚えていたのは信仰そのものではなく、人間だったのだと。

     

    私は幼いころから、『それ』を無意識のうちに見抜いていたのだ。そして、それへの確信が、あまりにも堅固たるものだった。しかし、目の前で繰り広げられる人間のやり取りには、『それ』を闇に葬ったものだった。しかも、最愛の両親がそれを行うのだ。まだ打たれ弱かった私の心は、荒んでしまったのである。

     

    しかし『強さ』を取り戻した頃、私は振り返り、その確信に至ったのである。私は当初から、私の見識を崇拝していたのだ。

     

    この世で最も頼りになる『唯一神』の存在があることに、私は当初から、気づいていた。それは、キリスト教、ユダヤ教、イスラム教等で考えられる、ヤハウェや、アラーということではない。私は、自分という存在を唯一神にしていたのである。

     

    だから両親と衝突したのだ。だから、精神的虐待だと感じたのだ。

     

    無神論の徹底が、唯一神信仰の裏返しである。そのことがよくわかる、と冒頭に書いたのは、こうした理由からである。

     

    無気力のケースも同じだ。この世が虚無であると考えるのは『ニヒリズム』だ。しかし、その見解に辿り着いたのは、探究心があったからこそである。

     

    突き詰めて、突き詰めて、突き詰めすぎた結果、迷い込んだのだ。この世の虚無という、圧倒的な真実に。それには、燃えたぎる情熱がなければ辿り着かなかった。

     

    だが私は、宮崎駿のこの記事で、

    『伝道の書に書かれてる突き抜けたニヒリズムっていうのは読んでてちょっと元気が出ました。』

     

    これらの真理から逸れれば逸れるほど虚無に近づく。

     

    という一つの見解を導き出した。

     

     

    更に強い情熱を持って駒を前に進めると、この世が愛に溢れていて、生きるに値するんだ、という境地に辿り着くはずである。

     

     

     

     

    ※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

    著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

     

    シェア

     

    スポンサーリンク

     

    著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

     

    『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

     

    関連する黄金律

    黄金律

    この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

     

     

     

    2.『愛があれば全ては解決する。

    愛は没我であり、潤滑油である。円滑にいかない場所に愛はない。

    >>続きを見る

     

     

    関連する記事

    黄金律

    『この世には、命よりも大事なものがある。しかし、それは『上』にあるのではない。だから、『命よりも上』という表現は相応ではない。『中心』にあるのだ。』

     

    黄金律

    『全ての人間が自分のやるべきことをやらないと、世界平和は実現しないのだ。 』

     

    黄金律

    『世界平和の実現に必要なのは『真理=愛=神』の図式への理解だ。』

     

    黄金律

    『真理(愛・神)から逸れれば逸れるほど虚無に近づく。』

     

     

     

    三島由紀夫『無神論も、徹底すれば徹底するほど、唯一神信仰の裏返しにすぎぬ。無気力も、徹底すれば徹底するほど、情熱の裏返しにすぎぬ。』


    スポンサーリンク

     

    当サイト最重要記事

    黄金律

    8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

     

    黄金律

    『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

     

     

    偉人の名前や名言を検索

     

    おすすめ関連記事

     

     

    ↑ページの上部へ

     

     

    同じ人物の名言


    『まことに人生はままならないもので、生きている人間は多かれ少なかれ喜劇的である。』

     

    『青春の特権といえば、一言をもってすれば無知の特権であろう。』

     

    『傷つきやすい人間ほど、複雑な鎧帷子(よろいかたびら)を身につけるものだ。そして往々この鎧帷子が、自分の肌を傷つけてしまう。』

     

    『法律とは、本来ごく少数者のためのものなのだ。ごく少数の異常な純粋、この世の規矩を外れた熱誠、……それを泥棒や痴情の犯罪と全く同じ同等の『悪』へおとしめようとする機構なのだ。』

     

    『空虚な目標であれ、目標をめざして努力する過程にしか人間の幸福が存在しない。』

     

    『男の虚栄心は、虚栄心がないやうに見せかけることである。』

     

    『真の危険を犯すものは理性であり、その勇気も理性からだけ生れる。』

     

    『ほしいものが手に入らないといふ最大の理由は、それを手に入れたいと望んだからだ。』

     

    『潔癖さといふものは、欲望の命ずる一種のわがままだ。』

     

    『天才というものは源泉の感情だ。そこまで堀り当てた人が天才だ。』

     

    『僕はいはゆる美人を見ると、美しいなんて思つたことはありません。ただ欲望を感じるだけです。』

     



    ↑ PAGE TOP