名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

吉田松陰 名言/格言

吉田松陰

 

吉田松陰とは(画像

日本思想家。吉田松陰は1830年文政13年8月4日、長州藩の下士・杉百合之助の次男として生まれました。幼名は寅之助、叔父である吉田大助に養子入りしたのちに大次郎と改めます。大助が死亡して家督を継ぐと玉木文之進が開いた松下村塾で兵学を学び始めました。松下村塾での厳しい教えを受け、成長した吉田松陰は明倫館の独立師範に就任。嘉永3年には見聞を広めるために九州、江戸へ遊学の旅に出ます。

 

嘉永5年には宮部鼎蔵と東北旅行の計画を立てますが、なかなか通行手形が発行されず、しびれを切らした松陰は友との出発の約束を果たすために長州藩を脱藩。重罪であった脱藩を行った松陰は江戸に戻ると士籍を剥奪され、世禄を没収されてしまいます。嘉永7年、マシュー・ペリーが日米和親条約締結のために再来航の際、金子重之助と密航の計画を立てますが失敗に終わり、長州藩の野山獄に投獄。獄中で松陰は「孟子」を囚人達のために講義をします。

 

出獄した松陰はかつて玉木文之進が開いた松下村塾を引き継ぐ形で自宅に開塾。久坂玄瑞、伊藤博文、山縣有朋、高杉晋作らを教育しました。安政5年、日米修好通商条約締結に激怒した松陰は討幕を表明、間部詮勝の暗殺を目論みますが弟子である高杉晋作や木戸孝允らの反対に遭い計画は頓挫して、幕府に捕らえられ再び野山獄に幽閉されます。

 

安政6年10月27日、安政の大獄により江戸へ送られ、取り調べを受けたのち斬首刑に処され、吉田松陰は30歳でこの世を去りました。

 

 

スポンサーリンク

 

吉田松陰の言葉

 

 

『自分の生死を度外視してでも、言うべきことをただ言うのみ。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

高杉晋作、桂小五郎、伊藤博文らを輩出した塾の長であり、精神的な要。日米修好通商条約を結んだ幕府を激しく批判し、老中暗殺を計画。危険分子とみなされ、井伊直弼の『安政の大獄』によって死刑を命じられた。

>>続きを見る

 

『多くの努力を注ぎ込んだことは、すぐにその功績を手中にすることはないかもしれない。しかし、全精力を集中して学んだものは生涯忘れないであろう。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

努力したこと、労力をかけたこと、負担をしたことにおける結果を、焦ってはならない。

>>続きを見る

 

『宿命は、人の力や智恵が及ぶものではない。だから、この原因を天に任せ、天命というのである。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『宿命は、人の力や智恵が及ぶものではない。だから、この原因を天に任せ、天命というのである。天命であるからには、それは全て天に任せ、人は一途に人として踏み行うべき道を守りさえすればいい。』

>>続きを見る

 

『憂えたり、楽しんだり、気分の変化の原因は自分にあるのであって、物にあるのではない。』

 

カテゴリー:自己/精神

憂う。楽しむ。そんな自分の感情は当然、自分の心が捻出した感情だ。何かを観て笑ったり、悲しんだり、傷ついたりするが、それでも、その後にどう対応するかは自分次第なのである。

>>続きを見る

 

『聖人・賢人の言行や教えを記した書を読む際に一番大切なことは、その内容に媚びへつらわないことである。』

 

カテゴリー:自己/精神

何が違うかというと、『合致』したか、『同調』したかという違いだ。『手を握った』か、『取り込まれた』かという違いだ。『理解』したか、『洗脳』されたかという違いだ。

>>続きを見る

 

『自分一身に降りかかる労苦を何とも思わないような人でなければ、どうして天下国家の人々を幸せにすることができようか。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

自分の事を一番最後に考えられる人間こそが、本当に強い人間の名に相応しい。その反対で、自分の事を何よりも優先する人間は、人を守れない、弱き人間なのだ。

>>続きを見る

 

『人にはそれぞれ生まれつきの性質がある。だから、昔の心ある人に学び、自分に近いよい性質を自分のものとするべきである。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『自分に近い良い性質』を自分のものとする。これは非常に心強い言葉だ。全てを鵜呑みにする必要が無いのだ。例えば偉人と言えば、まずその筆頭として『四聖』に数えられる、

>>続きを見る

 

『立派な人が大事にするのは、議論ではなく行動である。多言を費やすことなく、人としての誠をしっかり蓄えなさい。』

 

カテゴリー:知性/知恵

言うは易し、行うは難しだ。口先だけ達者で、行動が伴わない人が大勢いる。孔子も言っている。

>>続きを見る

 

『世間が褒めたりけなしたりすることは大抵、その実態と違うものである。』

 

カテゴリー:知性/知恵

マキャベリは言った。『大衆は常に外見だけを見て、出来事の結果によって判断する。』動物というものは、『表層上』を重視する生き物だ。

>>続きを見る

 

『どんな小さなことでも正しいか正しくないか、よいか悪いかという点において信念を失わないという頑固者でなければ、何をさせてもちょっとしたことしかできず、しっかりとしたことを行うことはできない。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

芥川龍之介は言った。『人生を幸福にするためには、日常の些事を愛さなければならぬ。』そこに書いたが、かつてのPRESIDENTに、部分の最適化は、全体の最適化であると、誰かの言葉で書いてあった。

>>続きを見る

 

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP