名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

マザー・テレサ『私たちにとって、清貧とは自由を意味しています。清貧こそは私たちの力であり、幸福の源なのです。』

マザー・テレサ


マケドニア修道女 マザー・テレサ画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


エコロジー思想の先駆者、ヘンリー・デイヴィッド・ソローは言った。

『パンを得る過程においておのれの潔白を失うようなら、むしろひと思いに餓死する方がいい』

 

これがまさしく、マザー・テレサの清らかな魂と合致する魂から出た言葉である。

 

だが、孔子は言う。

孔子

 

義利合一』だと。『義』の為に『利』を得る必要があるのだ。

 

坂本龍馬も、

『志のある若者たちを50人も養おうとすれば、一人につきどうしても60両は必要となることから、利潤を求めなければなりません。』

 

と言ったが、『利』を得て、それを回していく発想からは、目を背けることは出来ない。重要なのは、自分だけが清貧であることではない。全人間の心が満たされ、世界平和になることが重要なのだ。

 

ソクラテスは言う。

ソクラテス

 

『満足は、自然の与える富である。贅沢は、人間の与える貧困である。』

 

あるいは、ブッダならこうだ。

ブッダ

 

『足るを知る者は富む。例えば、水を飲むだけで人は、涙を流せる。』(超訳)

 

マザー・テレサが言うのは、彼らの言うこの部分と、同じ的を射ていることだろう。だがこの言葉は『限定的』であり、全ての人に当てはまる言葉ではない。例えば、お金がある人や国がインフラを整え、綺麗な水が飲めるし、電気が使えて、交通が便利になる。

 

そこには、お金が動いたのだ。しかもその金は、『清貧を追い求める人』では捻出できなかった。

 

稼ぐ人がいて、そのお金の使い道を諭す人がいて、その多様性があってはじめて、世界が循環している印象を持つ。

 

多様性

 

『義利合一』として、利を求めることが否定されれば、世界は破綻するように思えるが、それはどうだろう。

 

しかし孔子が、

『法律?私は認めていない。』(超訳)

 

と言って道教の創案者の一人、老子が、

『大道廃れて仁義あり。』

 

と言ったように、そもそも『仁義』や『法律』という概念を人間が謳うようになったのは、それを掲げて依存して、道標としなければならなかったからであり、本来、別に必要なかった。

 

だとしたら、『金』の存在自体を疑い直し、『愛』だけで協力して生きていくことが、人間の最善の姿なのは確かだ。いや、ここではそうとだけ書いておく。私も本当のところでは、そうであるべきだと思っているからだ。

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

8.『足るを知るは富む。足るを知らぬは貧しい。

この世に闇があると思うなら、それは自分の目(心)に原因がある。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『絶望などない。あるのは希望だけだ。』

 

 

黄金律

『『不幸』などない。あるのは、目の前で淡々と起きている現象に反応する、人間の心である。』

 

 

黄金律

『希望は貧者のパンである。そして、絶望は貧者のカビである。』

 

 

 

 

マザー・テレサ『私たちにとって、清貧とは自由を意味しています。清貧こそは私たちの力であり、幸福の源なのです。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

 

同じ人物の名言


『家に帰って家族を大切にしてあげてください。』

 

『ほうきを手に持って、誰かの家を綺麗にしてあげてごらんなさい。その方がずっと雄弁なのですから。』

 

『私たちは偉大なことはできません。偉大な愛で小さなことをするだけです。』

 

『やさしい言葉は、たとえ簡単な言葉でも、ずっとずっと心にこだまする。』

 

『油を足し続けなければ、ランプは灯しておけない。』

 

『いまの世の中、人間が人間を見捨てているのよね。親が子を、子が親を、兄が弟を、友が友を、隣人が隣人を。』

 

『インドでは、貧しい人々はわずかのお米を他人から受けることで満足し、幸せになれるのです。一方、ヨーロッパの貧しい人々は、自分の貧しさを受け入れることができずにいるので、その多くにとって貧しさは失望の源でしかないのです。』

 

『もしも私たちが謙遜ならば、褒められようと、けなされようと気にしません。もし誰かがあなたを非難しても、がっかりすることはありません。』

 

『祈りは信仰を生み、信仰は愛を生み、愛は貧しい人々の為への奉仕を生みます。』

 

『貧しくなりたいと願って、貧しい人と同じような生活をしながら、同時に高価な物を捨てきれないでいる人々がいます。これは、ぜいたくとしか言いようがありません。』

 

『富める国で中絶を合法化するところがあれば、その国は間違いなく、世界中で最も貧困な国です。』

 

『彼らの努力を、これら無防備の人々へのいくばくかの食物、避難所、医薬、衣類に振り替えられたなら、世界は必ずやより平和で、より幸せなものになることでしょう。』

 

『善い行いは、一つ一つ繋がって愛の鎖をつくってゆきます。』

 

『共に住む人々をよりよく理解するために、自分自身をまず理解することがどうしても欠かせないのです。』

 

『利己的な自分たちがそのような飢えと貧しさの原因なのだ。』

 

『ガンジーは、キリストのことを知った時、興味を抱きました。しかし、キリスト信者たちに会って、がっかりしたそうです。』

 



↑ PAGE TOP