『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

ヘンリー・デイヴィッド・ソロー『パンを得る過程においておのれの潔白を失うようなら、むしろひと思いに餓死する方がいい』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

実に2年以上もの間自給自足による森の生活を続けたソロー。世界一の大学、ハーバードを卒業し、教師の道を進むが、当時の教育方法に納得がいかず、この言葉を残して我が道を進んだ。ソローはハーバードを出ているにも関わらず、およそその学歴とは関係のない職歴を持つ。私も一度、考えた。ロケットのカタパルトのように、目的を達成するまではその勢いを借りるが、目的を達成したら途中で切り捨て、あるいは乗り換える。そういう金儲けのやり方が賢く、みんな、その手段を使い、最初は拝金的なのだと。

 

しかし、『そう考えない人間がいる』という事実を真正面から受け止めたとき、私は恥を知った。たった一度の人生を生きているにも関わらず、安易な生き方に依存し、誰にでもできるような軽薄な考え方しかできない自分は、本当にこの唯一無二の命を大切に出来ているのかと。40代でこの世を去ったソロー。確かに、お金があればもう少し生きたかもしれない。だが、20年、30年『生きながらえる』ことに、何か意味があるのだろうか。『生きながらえなかった』からこそ、ソローは歴史の中で生き続けるのだ。

 

彼のように気高い信念を持って、この世を生きることは、容易ではない。だが、だからこそ彼のような生き様は、後世の数えきれない勇者に、勇気を与えるのだ。

 

パン

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』 『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

同じ人物の名言一覧