名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

武田信玄『組織はまず管理者が自分を管理せよ。』

武田信玄


日本武将 武田信玄画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


黒田官兵衛は、

『その職にふさわしくない者はすぐに処分したりするが、よく考えてみると、その役を十分に務めてくれるだろうと見たのはその主だ。』

 

と言ったが、組織の体たらくを、自分の部下に責任転嫁するような者は、人の上に立つ資格はない。

 

ソクラテスも、

ソクラテス

 

『世界を動かそうと思えば、自分を動かすことから始めよ。』

 

と言っていてガンジーも同じことを言っているが、

『世界に変化を望むのであれば、みずからが変化となれ。』

 

山本五十六は、

『やってみせ、言って聞かせてさせてみせ、褒めてやらねば、人は動かじ。』

と言っている様に、まず何よりも上司がやることは、人に言うまでに自分がやることである。

 

上司

 

仕事ができる人はなぜ筋トレするのか』にはこうある。

 

-----------▼

 

アメリカのエグゼクティブの間では、肥満は問題外、たんに痩せているだけでなく、トレーニングによって体を鍛えるのがもはや常識になっている。太っているのは自分自身をコントロールできない証拠で、そんな人にリーダーとして他人を率いていけるわけがないとみなされる。

 

逆に、鍛え上げた体は、その人が精神的にタフで、自制心を備えていることの証という事になるのだ。

 


-----------▲

 

エセ経営者たちは、『付き合いがあるから、太ることは社長の使命だ』と口を揃えるが、それが彼らが『エセ(本物ではない)』という証拠である。

 

当時、私はそう口をそろえる二人の経営者が『偉大な人』であるという認識が少なからずあった。名前も相当に売れている人間で、力も持っていた。しかし、そのように自分を正当化する発言にはいささか首を傾げたものである。あれから10年経った今、真理と向き合い答え合わせをしてみると、やはり彼らは一流にはなれない三流どまりの人間である。

 

口調が厳しくなる理由もちゃんとある。それは彼らの名誉の為にここには書かないが、いや、自分がその道に逸れないように、あえて強い口調で言い聞かせているということもある。

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

18.『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。

外(環境)が自分の運命を握っているのではない。内(自分の心)がそれを握っているのだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

武田信玄『組織はまず管理者が自分を管理せよ。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

 

同じ人物の名言


『我が国を滅ぼし、我が家を破る大将、四人まします。馬鹿、利口、臆病、そして四番目は強すぎる大将なり。』

 

『もう一押しこそ慎重になれ。』

 

『負けることのない戦いに負け、滅ぶことのない家が滅ぶのを、人はみな、天命と言っている。自分は天命とは思わず、みなそのやり方が悪いためであると思う。』

 

『成せば成る、成さねば成らぬ、成る業を、成りぬと捨つる、人のはかなき。』

 

『渋柿を切って甘柿を継ぐのは小心者のすることだ。国持ち大名にあっては、渋柿は渋柿として役に立つものだ。』

 

『およそ戦というものは、五分をもって上とし、七分を中とし、十分をもって下とす。五分は励みを生じ、七分は怠りが生じ、十分は驕りを生ず。』

 

『100人のうち99人に誉められる者は、決していい人物ではない。』

 

『大将たる者は、家臣に慈悲の心をもって接することが、最も重要である。』

 



↑ PAGE TOP