名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

ガンジー『世界に変化を望むのであれば、みずからが変化となれ。』

ガンジー


インド宗教家 ガンジー画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


ソクラテスが同じことを言っている。

『世界を動かそうと思えば、自分を動かすことから始めよ。』

 

偉人らの言葉というものは、なぜ共通している言葉が多いのだろうか。では違う視点で考えてみよう。

 

『1+1=3』?

 

113

 

いや、どう考えてもそれではつじつまが合わない。『1+1=2』である。この答えに辿り着くのはなぜだろうか。

 

答えは、『そうなっているから』である.

 

だとしたら、偉人たちが『意見が共通することがある』というのは、彼らが『そうなっている事実を指した』からであり、異なる文化や宗教や国や性別や年齢の中で、彼ら『偉人』が同じ『そうなっている事実』を指したことは偶然ではなく、その事実は、

 

『いつどんな時にも変わることのない、正しい物事の筋道、真実の道理。』

 

つまり『真理』であり、偉人という『識者』は、見識が鋭くなって真理に辿り着く傾向があるのだ。従ってガンジーとソクラテスの意見は一致した。その他にも、彼らの言葉を聞いた聞いてないに関係なく、その答えに辿り着いた人間はたくさんいるだろう。

 

私も同じだ。もちろん、私が彼らと同じ境地にいると言った瞬間に私の価値は著しく下がるが、17歳の頃、強制的に強いられた過酷な環境の後押しを受け、全ての現実から抜け出したいという発想によって、自然に始まった内省によってこの答えに辿り着いたのだ。

 

当時の私が考えたのはこういうものだった。

 

『敵は外にはいない。自分が闘うべき相手は、自分一人だ。』

 

自分が敵だと思っている存在を倒しても、上には上がいるわけであり、その上には更に上がいて、あるいはその存在を『上だと思っていない別の存在』がいる。

 

そう考えると、そもそも『幾多の敵を倒して最強の称号を得ようとする』のは間違いで、『自分は最強だ』と思っても、別の誰かは『お前は最強ではない』と思えばそれまで。あるいは、銃で頭を撃たれたら死ぬのである。

 

銃

 

そう考えると、虚しいのだ。周りに、外に答を求めるのは間違い。

 

ブッダは、

『外に答を求めるな。孤独の状況で自分の内面と向き合うべし』(超訳)

 

と言い、『7つの習慣』には、

『アウトサイド・インではなく、インサイド・アウトであれ』

 

と書かれている。

 

 

『刑務所の鉄格子の間から、二人の男が外を見た。

 

一人は泥を眺め、一人は星を眺めた。』

 

答えは外にはないのだ。

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

18.『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。

外(環境)が自分の運命を握っているのではない。内(自分の心)がそれを握っているのだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

ガンジー『世界に変化を望むのであれば、みずからが変化となれ。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

同じ人物の名言


『私にはクリスマスのお祭り騒ぎが以前からどうしても受け入れられない。それはイエスの生涯や教えに全くそぐわないように思える。』

 

『いかなることがあっても、暴力に訴えてはなりません。抵抗せず、ただ打たれてください。』

 

『無暴力とは、悪を行う人間の意志におとなしく服従することではなく、暴力者の意志に対して全霊を投げうつことである。』

 

『君が考えること、語ること、すること、その3つが調和しているとき、そのときこそ幸福はきみのものだ。』

 

『沈む夕陽の素晴らしさや月の美しさに見とれるたびに、私の魂はますます神を崇めるようになります。』

 

『自分から負けに屈してしまわない限り、それは負けではないのだから、もがくことはみっともないことではない。』

 

『私たちのように未完成な人間に、何もかも完璧にこなせるわけがない。私たちにできるのは、その時その時の妥協点を探ることである。』

 

『自然は時に残酷な暴力となって、人々に降りかかる。けれどもあらゆる出来事には意味があると考えるなら、私たちは自然の猛威さえからも、目をさらさずに何かを学び、救いの道を探るべきではないだろうか。』

 

『あらゆる改革は、不満を抱くことから始まった。いままで当たり前のように受け入れられていたものを、嫌悪するようになったとき、人は初めてそれを捨てることができる。』

 

『人は何度でも立ち上がる。立ち上がっては倒れ、立ち上がっては倒れ、その足元はおぼつかないかもしれない。けれども、立ち上がったことは、一生忘れることのない、かけがえのない記憶となる。』

 

『あらゆる執着からの自由とは神を真理として現実化させることである。』

 



↑ PAGE TOP