『後悔したくない方』はこちら

武田信玄『大将たる者は、家臣に慈悲の心をもって接することが、最も重要である。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

偉人

ふむ…。

運営者

考察

上司をする、しかもそれが長官、大将、今でいえば社長ということになると、ついつい部下に対し、傲慢な態度を取ってしまうものである。

 

 

何しろ、権力を手に入れたのだ。その権力というものが厄介で、自分の思い通りにしようと思えば、一時、それがまかり通ってしまう。最近でも巨大企業の社長が、その『権力』に支配されていたことがリーク(内部告発)によって発覚した。大事にならないところでも、それはたくさん行われているだろう。

 

そういう人物はかつて、『何かを強いられた』経験がある、あるいは、『強いられたと思ってやってきた』ことが多い。つまり、コンプレックスだ。それをバネにして努力してきたのはいいが、あまりにもその『見返してやる精神』が強まって、暴走してしまい、特権の乱用という越権行為に走るのだ。かくいう私もその『反骨精神』の塊のような人間だから、厳しい目で留意していく必要があるテーマである。重要なのはその『留意、注意、前始末』。後始末では遅い。それを待つは人の上に立つ人間が構える心の在り方ではない。見るべきなのは以下の黄金律である。

 

『後始末では遅い。前始末をせよ。』

 

前始末だ。いや、『底始末』だ。となると見るべきなのは以下の黄金律である。

 

『自分の心と向き合った人間だけがたどり着ける境地がある。』

 

『上に立つ』という事の意味を援用してはならない。ほぼ、自分が『神』になったのと同じ理解が必要だ。そして当然、『神』というのは越権行為を働く存在ではない。一切の森羅万象を、公明正大に評価する存在だ。それには当然、自分も、その家族も身内もすべて例外ではない。家臣に慈悲深くあることは常として求められるが、だからといって何もかも許すということにはならない。いや、『赦す(愛する)』ことはする。だが、『許す(認める)』ことはしてはならないのだ。

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

関連する『黄金律

『愛があれば全ては解決する。』

同じ人物の名言一覧

武田信玄の名言・格言一覧