名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > >

 

黒田官兵衛 名言/格言

黒田官兵衛

 

黒田官兵衛とは(画像

日本軍師。戦国大名の黒田官兵衛は1546年12月22日に播磨国の姫路で生まれました。黒田官兵衛というのは通称で、本名は黒田孝高。出家後の黒田如水という名でも知られています。

 

黒田官兵衛は長らく豊臣秀吉の側近として仕え続け、竹中半兵衛(竹中重治)と共に秀吉の天下取りに大きく貢献。本能寺の変で織田信長が死亡した際、黒田官兵衛は秀吉に毛利輝元との和睦と明智光秀の追討を進言し、光秀の天下取りを未然に防ぐとともに秀吉の天下への道を切り開きました。

 

ただし秀吉側はあまりにも有能すぎる黒田官兵衛に対して、自らの地位を脅かしかねないと警戒の念を抱いていたと言われ、1587年には九州の豊前国で12万石を与えられるという、体の良い左遷の憂き目に遭うこととなります。秀吉亡き後の関ヶ原の戦いでは嫡子である黒田長政が徳川家康に多大なる貢献を果たしてしまったため、自身の天下取りの目は完全に摘まれてしまい、家康による上方・東国での領地加増の提案も辞退し、以後は政治と距離を置いた隠居生活を送ることになります。

 

1604年4月19日に京都伏見の藩邸で59歳にて死去しました。熱心なキリシタン大名であった黒田官兵衛は死の間際、ロザリオを胸に置き、自身の死骸を博多の神父のもとへ運ぶ事と家臣の殉死を禁じたのち、この世を去ったと言われています。

 

その後、本人の遺志に従い博多の宣教師たちによってキリシタン墓地近くの高台に埋葬され、息子の黒田長政は宣教師たちを労い米500石を贈りました。

 

 

スポンサーリンク

 

黒田官兵衛の言葉

 

 

『分別過ぐれば、大事の合戦は成し難し。』

 

カテゴリー:知性/知恵

意味は、『あまり深く考え過ぎたり用心し過ぎると、勝負に出ることができず、結局、勝機を失ってしまい、勝負に勝つことができない。』というもの。

>>続きを見る

 

『人には気が合う気が合わないということがある。主人が家来を使う場合には、とくにありがちなことだ。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『人には気が合う気が合わないということがある。主人が家来を使う場合には、とくにありがちなことだ。気の合う家来が、もし善人であったならば、国の重宝となるが、悪人であったとすれば、国家の妨げとなるのであるから、大変な違いである。

>>続きを見る

 

『すべて国を治めていくには、普通の人と同じ心がけでは駄目である。まず、政道に私なく、その上、わが身の行儀作法を乱さず、万民の手本とならねばならない。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

私利私欲にまみれて、傲慢不遜に陥り、特権の乱用を働くような越権者に対し、部下は、国民は、ついていくわけがないのだ。

>>続きを見る

 

『常日頃好むところでも、よくこれを選び慎むことが大切である。主人の好むところは、家来や百姓町人も、自然とその真似をするものであるから、とくに注意せねばならぬ。』

 

カテゴリー:教育/愛情

上に立つ者だけではなく、『友人間』でもこれは強調できる話である。友人が太っていると、その友人も太りやすいとうデータがあるのだ。

>>続きを見る

 

『気の合う家来に対し、ともすれば悪いことを見のがすこともあるだろうから、よく注意して、そうした点を発見し、自分に対して諫言もさせるとともに、また、その者がいい気になって行儀の悪かったときには、傍らに呼びつけて意見をすべきだ。』

 

カテゴリー:教育/愛情

『慣れ合い』はいい結果を生まない。慣れ合い、傷のなめ合いは、相手の『傷』を『悪化』させることもある。

>>続きを見る

 

『気が合う家来、合わない家来とでは、仕置の上にもこのような私心ができてくるものであるから、みな、よく注意せねばならぬ。』

 

カテゴリー:教育/愛情

『お前たち家来の間にも、気が合うか気が合わないかによって、仕置をする上に過ちができることがあろう。気の合う者に対して贔屓して、悪いことも善く思い、あるいは悪いと知りながら、自然とそれに親しむようになるものである。

>>続きを見る

 

『武将の家に生まれたからには、しばらくも武の道を忘れてはならぬ。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

『たとえ世の中が治まったとしても、大将たる者が武を忘れたならば、軍法がすたり、家中の侍たちも自然と心が柔弱となり、武道の嗜みなく、武芸も怠り、武具も不足し、塵に埋もれ、弓槍の柄(え)は虫の住みかとなり、鉄砲は錆び腐って、役に立たなくなる。

>>続きを見る

 

『乱世に文を捨てる人は、軍の道理を悟らないから、制法が定まらず、国家の仕置に私心が多く、家人や国民を愛する術がないから、人の恨みが多い。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『乱世に文を捨てる人は、軍の道理を悟らないから、制法が定まらず、国家の仕置に私心が多く、家人や国民を愛する術がないから、人の恨みが多い。

>>続きを見る

 

『武芸に凝って、ひとり働くことを好むのは、匹夫の勇といって、小心者の嗜みであり、大将の武道ではない。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『匹夫の勇(ひっぷのゆう)』とは、思慮浅く、ただ自分の煮えたぎる血の赴くままに、がむしゃらに行動したがるだけの勇気のことである。

>>続きを見る

 

『概して、大名の子供は生まれたときから、平素安楽に育ち、難儀をしたことがないから、下々の者の苦労を知らない。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『概して、大名の子供は生まれたときから、平素安楽に育ち、難儀をしたことがないから、下々の者の苦労を知らない。それだから、人の使い方が荒く、下々の困っていることを悟らず、上一人のために万民を悩ますことが多い。』

>>続きを見る

 

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP