名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

ガンジー『理想に近づこうと努力すればするほど、理想は遠ざかっていく。』

ガンジー


インド宗教家 ガンジー画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


『理想に近づこうと努力すればするほど、理想は遠ざかっていく。しかし理想の実現よりもはるかに価値あることは、熱い思いをもって前に進み続けることである。ときにつまずき、ときに倒れることもあるだろう。それでも私たちは再び立ち上がる。現実から逃げることさえしなければ、それで充分である。』

 

 

何しろ、『理想の自分』とは、『常に上を目指している人間』なので、そこに到達したときには、すでに、そこよりも上の境地を見ている。だとしたら、永久に『理想に追いつく』ことはないのである。

 

ドストエフスキーは言った。

『コロンブスが幸福であったのは、彼がアメリカを発見した時ではなく、それを発見しつつあった時である。幸福とは生活の絶え間なき永遠の探求にあるのであって、断じて発見にあるのではない』

 

ナイチンゲールは言った。

『人生でもっとも輝かしい時は、いわゆる栄光の時でなく、落胆や絶望の中で人生への挑戦と未来への完遂の展望がわき上がるのを感じたときだ。』

 

良いんだ。追いつかなくても。追いかけ続ける姿こそが、完全な姿だ。

 

追いかけ続ける

 

宮沢賢治は言った。

『永久の未完成、これ完成である。』

 

逆に、『理想にたどり着いて、もう自分の人生は完成した』と言った時点で、自分の器の小ささが露呈する。人間は一生全知全能になることはないのだ。

 

確かに、アスリートのように年齢的なピークがあるジャンルを考えたとき、『途中で追いかけるのを諦める』という考え方はあるが、それも考え方次第だ。『そこが理想だと思っていたが、違った』と考えることができる。

 

例えば、とあるサッカー選手は、Jリーグで大活躍しているまさにその最中、足を大けがしてしまい、二度とサッカーができない体になってしまった。だが彼は言ったのだ。

 

『こうなることが僕の運命だったんです。』

 

彼は自分の運命を受け入れ、自分の人生そのものでもあったサッカー選手以外の人生に目を向け、堂々とその道を選択した。

 

彼は逃げなかった。とても強い人間だ。人に言えないほど苦しみ、悲しんだみ、打ちひしがれただろう。だが、立ち上がった。現実を直視し、前を向いて歩き始めた。

 

彼は怪我の前、自分が思い描く『理想のサッカー選手像』があったかもしれない。 だが私の目には、むしろそのサッカーを引退するその究極の場面でこそ、彼の真価が発揮されたように見えた。

 

『理想に近づこうと努力すればするほど、理想は遠ざかっていく。しかし理想の実現よりもはるかに価値あることは、熱い思いをもって前に進み続けることである。ときにつまずき、ときに倒れることもあるだろう。それでも私たちは再び立ち上がる。現実から逃げることさえしなければ、それで充分である。』

 

生きるのを諦めず、自分の命を決して無駄にしない。そういう心構えを持った人間の命は、躍動する。

 

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

35.『知者?無知者?自分が振る舞っている人格はどっちだ。

『無知の知』。それは、『人間は生涯、全知全能になることはできない』ということを悟る知性。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『我々は永久に完成することはなく、そして最初から完成しているのだ。』

 

黄金律

『結果を出さない変わり者は『変人』と言われ、結果を出した変わり者は『天才』と言われる。』

 

 

 

ガンジー『理想に近づこうと努力すればするほど、理想は遠ざかっていく。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

 

同じ人物の名言


『私にはクリスマスのお祭り騒ぎが以前からどうしても受け入れられない。それはイエスの生涯や教えに全くそぐわないように思える。』

 

『いかなることがあっても、暴力に訴えてはなりません。抵抗せず、ただ打たれてください。』

 

『無暴力とは、悪を行う人間の意志におとなしく服従することではなく、暴力者の意志に対して全霊を投げうつことである。』

 

『君が考えること、語ること、すること、その3つが調和しているとき、そのときこそ幸福はきみのものだ。』

 

『世界に変化を望むのであれば、みずからが変化となれ。』

 

『沈む夕陽の素晴らしさや月の美しさに見とれるたびに、私の魂はますます神を崇めるようになります。』

 

『人類への信頼を失ってはならない。人類は海のようなものである。たとえ海の中の数滴が汚れていても、海全体は汚れない。』

 

『一人に可能なことは、万人にも可能である。』

 

『善きことは、カタツムリの速度で動く。』

 

『自分から負けに屈してしまわない限り、それは負けではないのだから、もがくことはみっともないことではない。』

 

『私たちのように未完成な人間に、何もかも完璧にこなせるわけがない。私たちにできるのは、その時その時の妥協点を探ることである。』

 

『自然は時に残酷な暴力となって、人々に降りかかる。けれどもあらゆる出来事には意味があると考えるなら、私たちは自然の猛威さえからも、目をさらさずに何かを学び、救いの道を探るべきではないだろうか。』

 

『あらゆる改革は、不満を抱くことから始まった。いままで当たり前のように受け入れられていたものを、嫌悪するようになったとき、人は初めてそれを捨てることができる。』

 

『人は何度でも立ち上がる。立ち上がっては倒れ、立ち上がっては倒れ、その足元はおぼつかないかもしれない。けれども、立ち上がったことは、一生忘れることのない、かけがえのない記憶となる。』

 

『あらゆる執着からの自由とは神を真理として現実化させることである。』

 



↑ PAGE TOP