『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

ガンジー『自分から負けに屈してしまわない限り、それは負けではないのだから、もがくことはみっともないことではない。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

リチャード・ニクソンは言った。

 

では、ちょっと頭を柔らかくして考えてみよう。『迷路』だ。そして、壁にぶつかった。

 

(あぁ!もうおしまいだ!!)

 

??意味不明である。

 

迷路

 

逆に聞きたいのだが、『では、一本道だったらよかったのか?』

 

バーナード・ショーは言った。

 

ジャン・パウルは言った。

 

そう考えると、『壁』もくそもない。それは『負け』でも何でもない。ただの壁であり、道を改めるか、そこを乗り越えるか、手段など腐るほどある。『それ』を考えてひた歩くのが、人生だ。一本道をひた歩く人生の方こそ、私は絶望を感じる。諦めてはならない。決して、屈してはならない。5126回。これは一体何の数字だと思うか。ダイソン掃除機が完成するまでに失敗した開発の回数だ。ダイソンはあの掃除機が完成するまで、大変な苦労を強いられた。

 

掃除機

 

お金もなかった。借金があって、養う家族もいた。普通、100回、200回の開発が失敗したところで、もう諦めるのではないだろうか。1,000回、2,000回、もう普通の人ではない。それだけの失敗を積み重ねて、なぜ屈さずに開発を続けてこれたのだろうか。

 

彼は、エジソンのこの言葉を信条にしていたのだ。

 

エジソンは電球の開発を成功させるために、実に10,000回もの失敗を積み重ねた。だが、彼が言ったのはこうだ。

 

ダイソンから言わせれば、『私などまだエジソンの半分しかやっていない』。諦めてはならない。決して、屈してはならない。いいんだ。失敗しても。そもそもそれは、『失敗』ではない。見るべきなのは以下の黄金律だ。

 

『失敗したと思っても絶対に諦めるな。そもそもそれは、『失敗』ではない。』

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『それは『行き止まり』ではない。ただの『曲がり角』だ。』 『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。』

同じ人物の名言一覧