名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

ドストエフスキー『人間的なあつかいをすれば、神の似姿などとうの昔に消えてしまったような人をさえ、人間にすることができる。』

ドストエフスキー


ロシア作家 ドストエフスキー画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


ドストエフスキーはこうも言う。

『金こそは、取るに足らぬ人物を第一級の地位に導いてくれる唯一の道である。』

 

これらの言葉を合わせて考えた時、まず初めに『人間ではない人』、あるいは『人間とは呼べない人』、もしくは『取るに足らない人』、『人間としてまだ未熟な人』という人がいることが想像出来る。

 

その『未熟、未完成、足りない人』に対して、『ある要素を付け加える』ことで、『良い形になる』というのだ。『凸凹』の形を想像したい。両方とも未熟だ。だが、二つが重ねれば、一つの完成形となる。

 

こう考えると、もし、今の自分が『不足している』と感じても、あるいは『もう生きてる価値はない』と思っても、まだまだ手段はあるということが見えて来るはずだ。諦めるのはまだ早い。

 

『人間的なあつかいをすれば、神の似姿などとうの昔に消えてしまったような人をさえ、人間にすることができる。』

 

似姿とは、『似せて作った絵や偶像』ということである。つまり、ここで出ているのは『神が自分に似せて作った人間』ということで、これは聖書の言葉である。

 

創世記1章26節にはこうある。

 

-----------------▼


神は言われた。「我々にかたどり、我々に似せて、人を造ろう。そして海の魚、空の鳥、家畜、地の獣、地を這うものすべてを支配させよう。」

 

-----------------▲

 

人間はこのようにして、本来であれば神のように公明正大で、真理を愛することができるものだと考えることができる。しかし、人間には聖性と魔性の両面がある。

 

聖書における『ヘブライ人の手紙』には、『父が子供を叱るとき』について、こう書いてある。

『神が自分の聖性を子に与えようとしているのだ』

 

つまり人間には『聖性と魔性』の両面がある。

 

 

その内、父が子を叱った場所には『愛(聖性)』が宿り、『魔が刺した』人間には『罪(魔性)』が宿っていることになる。

 

神の似姿などとうの昔に消えてしまったような人とは、魔性に支配された人間のことだ。しかしそういう人であっても『人間的な扱い』をすれば、人間にすることがdけいるということである。

 

それは本当に一理あることである。例えば、『レ・ミゼラブル』のジャン・バルジャンは、無実の罪で刑務所に入れられ、心が歪んでいた。出所後、世話になった教会から銀の食器を盗んで逃げようと思ったジャン・バルジャンは、その姿を牧師に見られてしまった。しかし、牧師はこう言ったのだ。

 

『よかったら、この食器も持っていくがいい。』

 

そうして彼に、もう一つの銀の食器も差し出したのである。そこにあったのは『愛』だった。そして愛とは、相手の事情の細部の細部までを受け入れる、広い心のこと。

 

(何か理由があるに違いない。きっと複雑な事情だ。人間は生まれたときはみんな清廉潔白。事情こそが人間を罪に走らせるのだ。人を憎まず行いを憎む。そして、その行いを生み出してしまった事情にこそ、私は厳しい目を向けたい。)

 

そういう牧師の広い心と愛が、ジャン・バルジャンの荒んだ心に光を当てたのである。そしてジャン・バルジャンは牧師になった。彼は牧師の愛を受け、人間的な扱いを受けたことにより、自分が人間だったことを思い出したのである。

 

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

2.『愛があれば全ては解決する。

愛は没我であり、潤滑油である。円滑にいかない場所に愛はない。

>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『この世には、命よりも大事なものがある。しかし、それは『上』にあるのではない。だから、『命よりも上』という表現は相応ではない。『中心』にあるのだ。』

 

黄金律

『全ての人間が自分のやるべきことをやらないと、世界平和は実現しないのだ。 』

 

黄金律

『世界平和の実現に必要なのは『真理=愛=神』の図式への理解だ。』

 

黄金律

『真理(愛・神)から逸れれば逸れるほど虚無に近づく。』

 

 

 

ドストエフスキー『人間的なあつかいをすれば、神の似姿などとうの昔に消えてしまったような人をさえ、人間にすることができる。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

同じ人物の名言


『苦しむこともまた才能の一つである。』

 

『絶望の中にも焼け付くように強烈な快感があるものだ。ことに自分の進退窮まった惨めな境遇を痛切に意識するときなどはなおさらである。』

 

『感情は絶対的である。そのうちでも嫉妬はこの世で最も絶対的な感情である。』

 

『「人類に対する愛」という言葉は、自分が心の中で作りあげた人類に対する、つまり己れに対する愛である。』

 

『あらゆる堕落の中で最も軽蔑すべきものは、他人の首にぶらさがることだ。』

 

『いちばん簡単で、いちばん明白な思想こそが、いちばん理解しがたい思想である。』

 

『もちろん金は絶対的な力である。と同時に、平等の極致でもある。金の持つ偉大な力は、まさにそこにあるのだ。金はすべての不平等を平等にする。』

 

『世の中には、恋人とか情婦としては通用するが、ほかになんの役にも立たない女がいるものだ。』

 

『人は思想をとらえようが、思想はつねに人間よりも現実的である。』

 

『人生において何よりも難しいことは、嘘をつかずに生きることだ。そして自分自身の嘘を信じないことだ。』

 

『神が存在しないならば私が神である。』

 

『神と悪魔が闘っている。そして、その戦場こそは人間の心なのだ。』

 

『私はなにか善を行おうとする希望を持ち、そこに悦びを感ずることもできる。だが同時に、悪を行いたいとも思い、そこにも悦びを覚えることができる。』

 

『金は鋳造された自由である。』

 



↑ PAGE TOP