『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

ブッダ『求不得苦(ぐふとくく)。それすなわち、実現不可能な願望に心を奪われ、苦しむこと。』(超訳)

仏教の開祖 釈迦画像

内省

生老病死について憂うこともそうだ。

 

  • 生:生きたくない
    老:老いたくない
    病:患いたくない
    死:死にたくない

 

これは無理だ。求不得苦に陥るだけである。そこまで考えると、何か見えて来るものがある。なるほど、求不得苦に陥らないようにすれば、苦しみから解放されるのだ。というか、それに支配されていた自分のおどろおどろしい欲望こそが、 苦しみの根幹だったのだ。

 

人生を知ること。それが何より、人生を快活に生き抜くことの助けになるだろう。

 

 

注意
※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、運営者が独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

参照文献

仏典
長部経典『大念処経』。

関連する黄金律

『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』 『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

ブッダに関する他の記事

ブッダ(Buddha)とはどんな人物か ブッダ(釈迦)の名言・格言一覧