『ヒト』を最適化しよう。

ブッダ『自業自得。それは、手柄も責任も、全て自分の物だということだ。』(超訳)

仏教の開祖 釈迦画像

内省

『自業自得』とは、自分の行為の報いを自分自身が受けること。一般に、悪業の報いを受けることにいう。これは仏教用語である。

 

さて、よく聞くのは後述した方。つまり、『自業自得だよそんなもの』などと吐き捨てられ、自分のやったことの責任を取る。そういう考え方が蔓延しているだろう。しかし、『自得』という言葉がないがしろにされている実際は、悪いことだけではないのだ。良いことも、自分のものになるのだ。

 

そう考えたら、少しこの言葉に対する捉え方も変わってくる。一般に考える『自業自得』は、何か責められている気がして、戒めの言葉だか何だか知らないが、『敵視』して『拒絶』してしまう本音もある。

 

だが、『自得』という部分にフィーチャーすると、(なんだ、良いことをしたことは返ってきて、それは良いことをしたことの報酬だから受け取っていのか。)などという発想の下、何だか受け入れやすくなってくる。これが人間というものだ。

 

最初はそれでいい。そのうちその法則に慣れてくると、その『報酬』に対する心構えも自然と変わってくるからだ。『自業自得』という意味をここまで理解できたなら、まずは十分だ。

 

 

注意
※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、運営者が独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

参照文献

仏典
法句経165。

関連する黄金律

『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。』

ブッダに関する他の記事

ブッダ(Buddha)とはどんな人物か ブッダ(釈迦)の名言・格言一覧