名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > > >

 

孔子『礼を知る。礼とはつまり、この世にいるのは自分だけではないことを思い知ることだ。』


孔子の言葉


儒教の始祖 孔子(画像

 

新渡戸稲造の『武士道』にはこうある。

『礼』とは、人とともに喜び、人とともに泣けるか。『礼』の教訓にはこうある。 『自己の悲しみ、苦しみを外面に表して他人の愉快や平穏をかき乱すことがないように求めていた。』

 

 

よくサムライが、ストイックに自分の悩みを他人に打ち明けず、何でも無いように装うことがあるが、あれが『礼』の魂である。

 

論語には、

『リーダーや政治家は、博く知識を集め、それを礼(=思いやり)のふるいにかけて実践しなければならない。』(雍也第六-二十七、顔淵第十二-十五)

 

と書いてあり、これは『博文約礼』のことを指し示している。博文約礼とは、(広く学問を修めて道理を知り、それを礼によってまとめ、実行すること)という意味。初代首相を務めた伊藤博文は、孔子の教えを心に刻もうと、本名の『俊介』を改め、名を改めたのである。

 

孔子は、

『礼儀とは、表面的な挙措動作ではない。心がけの美しさだ。』

 

という様な内容の教えを、常に主張していたが、『礼』の本質を理解していれば、当然『表面』などに依存することはない。

 

私は、『葬儀場で、死者以外のことを考える人間が居るなら、そんな葬儀などやめた方が良い』と考えている。本来、何の宗教も持たず、あるいは何の神かも知らず、表面的にだけ儀式を挙げ、神に手を合わせる、こういう発想は、主体的ではない。

 

人生を主体的に生きようとしない姿勢は、命への『礼』知らずだと考えている。

 

 

参照:子曰く、礼にあらざれば視ることなかれ、礼にあらざれば聴くことなかれ、礼にあらざれば言うことなかれ、礼にあらざれば動くことなかれ。

(顔淵第十二-一)

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

28.『真の礼儀とは。

真の礼儀や忠誠とは、表層に固執することではない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

孔子『礼を知る。礼とはつまり、この世にいるのは自分だけではないことを思い知ることだ。』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

同じカテゴリーに属する他の記事


『隠蔽と捏造が一つでもある限り、その国に政治家はいない。』

 

『上司を軽んじるな。あくまでも「上司」は。』

 

『兄弟がいないというのはどういう発想からか。ゼロから考え直すべし。』

 

『生を願うか、死を願うか。死を願うなら人生に屈したと思え。』

 

『短所を潰すのではなく、長所を活かすべし。だが…』

 

『それぞれの”役割”を十分に理解すればうまくいくようになっている。』

 

『たった一度のこの人生を、なんとする。あなた一人があなたの主人だ。』

 

『克己ある一日を生きる。たったそれだけのことが、この世界に重要な意味をもたらす。』

 


広告

 

↑ PAGE TOP