名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

伊藤博文 名言/格言

伊藤博文

 

伊藤博文とは(画像

日本政治家。生誕1841年

 

 

スポンサーリンク

 

伊藤博文の言葉

 

『国の安危存亡に関係する外交を軽々しく論じ去って、何でも意の如く出来るがごとくに思うのは、多くは実験の無い人の空論である。』

 

カテゴリー:平和/政治

例えば戦争を経験した人間がいる。その人間は、戦争に突入する前の雰囲気と、戦争が起きてしまったタイミングやキッカケ、悪化した理由や、無意味に亡くなった、人の命を知っている。

>>続きを見る

 

『いやしくも天下に一事一物を成し遂げようとすれば、命懸けのことは終始ある。依頼心を起こしてはならぬ。自力でやれ。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

依頼心、射幸心、反応的な心構え、受け身、淡い期待、現実逃避、これらの心構えを持つ意味メリットが、どれだけあるかだ。

>>続きを見る

 

『私の言うことが間違っていたら、それは間違いだと徹底的に追及せよ。君らの言うことがわからなければ、私も君らを徹底的に攻撃する。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

『私の言うことが間違っていたら、それは間違いだと徹底的に追及せよ。君らの言うことがわからなければ、私も君らを徹底的に攻撃する。互いに攻撃し議論するのは、憲法を完全なものにんするためである。

>>続きを見る

 

『いやしくも天下に一時一物を成し遂げようとすれば、命懸けのことは始終ある。依頼心を起こしてはならぬ。自力でやれ。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

目の前で子供が車に轢かれそうになっている。自分が身を挺して助ければ、あるいは子供の命は助かるかもしれない。しかし、おそらく自分は死ぬだろう。

>>続きを見る

 

『たとえここで学問をして業が成っても、自分の生国が滅びては何のためになるか。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

私が個人的にこの言葉から感じられるのは、『愛国心』などではない。もっと大きな『虚無感』を覚えるのである。人は、何を、どれだけ突き詰めても、いずれ必ず、絶対に死んで、その全てが消えてなくなってしまう。

>>続きを見る

 

『本当の愛国心とか勇気とかいうものは、肩をそびやかしたり、目を怒らしたりするようなものではない。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

そもそも『愛国心』の考え方が正しいものかどうかを疑うべきである。

>>続きを見る

 

『大いに屈する人を恐れよ。いかに剛にみゆるとも、言動に余裕と味のない人は大事を成すに足らぬ。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

偉そうな人に偉い人はいない。目の前に、いかにも『自分は強くて偉い』という印象管理をし、威厳を見せつけ、力を誇示している人間がいても、その人間の実態は稚拙であり、見栄と虚勢に支配された、虚しいものかもしれない。

>>続きを見る

 

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP