『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

キリスト『自分の妻を愛しなさい。』(超訳)

キリスト教の礎 イエス・キリスト

内省

女心はとても複雑だ。だが、同じくらい女は単純な生き物だ。つまり、簡単な操作で、簡単な動きをするのが男で、簡単な操作で、複雑な動きをするのが女だ。だから女の方が優秀だ。もちろん男の方が力はある。だが、だからこそ『動きが簡単になる』。暴力や、力任せが、その一例だ。力さえあれば誰にでもできるようなそんな真似をして、偉そうにしているんだったら、実際では揶揄されていると思った方が良い。

 

夫は、妻に対してやるべきことはとても『簡単』だ。妻を最後まで、愛せばいい。それはもちろん、食事を作ってもらったら『いただきます。』と言って、『ごちそうさまでした。』と言う。それだけでいいのだ。

 

不味い場合はそれについて話し合えばいいし、美味い場合は『おいしかった。』と必ず言うのだ。それは、妻にとっての『お代金』なのである。まさか、外食先でお金を払うくせに、妻には払わないなんてことが、『愛している』ことになると、思っているわけじゃないだろう。

 

それだけでいいのだ。それで女は、満たされるのである。なぜなら女も、満たしたい。満たし満たされ、寄り添うのが夫婦。決してここで挙げたことをないがしろにしてはならない。男も、女も、相手を理解して言動を取る。それが夫婦の愛である。

 

 

注意
※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、運営者が独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

参照文献

聖書
コロサイ人への手紙 第3章。

関連する黄金律

『愛があれば全ては解決する。』

キリストに関する他の記事

キリスト (Christ)とはどんな人物か キリスト(聖書)の名言・格言一覧