名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

ヘルマン・ヘッセ 名言/格言

ヘルマン・ヘッセ

 

ヘルマン・ヘッセとは(画像

ドイツ詩人。生誕1877年。ヘルマン・ヘッセはドイツの小説家です。1877年にドイツで生まれ、「車輪の下」や「デミアン」など様々な作品を残しました。彼は1946年にノーベル文学賞を受賞しており、20世紀前半のドイツを代表する小説家でもあります。難関と言われた州立学校の試験を突破し、14歳の時にはマウルブロン神学校に入学するも途中で脱走し、その後は様々な職を転々とする事になりました。

 

1904年にマリア・ベルニリと結婚して3人の子供をもうけています。時代を経てドイツがヒトラーの政権になると祖国を離れ、スイスで活動を始めました。1962年にこの世を去るまで数々の作品の発表と賞の受賞を経験し、「君自身であれ。そうすれば世界は豊かで美しい」や「人生の義務は一つしかない。それは幸福になることだ」などの名言を残しています。

 

ヘルマン・ヘッセ関連の書籍

 

 

 

スポンサーリンク

 

ヘルマン・ヘッセの言葉


 

 

『馬で行くことも、車で行くことも、二人で行くことも、三人で行くこともできる。だが、最後の一歩は自分ひとりで歩かなければならない。』

 

カテゴリー:人生/生死

この言葉を深く考えた人の言葉の中に、こういう意見があった。『確かに人間は、一人で生まれ、一人で死んでいく。だけど、人は一人では生きていけないんだと悟った。多くの人に支えられて生きているのだと知った。』

>>続きを見る

 

『人生を明るいと思う時も、暗いと思う時も、私は決して人生をののしるまい。』

 

カテゴリー:人生/生死

ドイツの小説家、ジャン・パウルは言う。『人生は一冊の書物によく似ている。愚かな者はそれをパラパラとめくっているが、賢い者はそれを念入りに読む。なぜなら彼は、ただ一度しかそれを読めないことを、知っているからだ。』つまるところこの人生とは、一冊の書物。

>>続きを見る

 

『人生は一頭の馬である。軽快なたくましい馬である。人間はそれを騎手のように大胆に、しかも細心に取り扱わなければならない。』

 

カテゴリー:人生/生死

イギリスの詩人、アレキサンダー・ポープは言った。『私たち一人一人が航海しているこの人生の広漠とした大洋の中で、理性は羅針盤、情熱は疾風。』この人生が、『船』だろうが『馬』だろうが、どちらにせよそれに乗って、それを支配(コントロール)するのが、人間の役目である。

>>続きを見る

 

『日の輝きと暴風雨とは、同じ空の違った表情にすぎない。運命は、甘いものにせよ、にがいものにせよ、好ましい糧として役立てよう。』

 

カテゴリー:時間/運命

アメリカの詩人、ロングフェローは言う。『雨は一人だけに降り注ぐわけではない。』もし今自分が『冷たい雨』に身体を晒されていると感じても、恐らく自分よりもひどい暴風雨に巻き込まれている人が世界にはいる。だとしたら、少し恥ずかしくなってくるはずだ。

>>続きを見る

 

『運命は、どこかよそからやってくるものではなく、自分の心の中で成長するものである。』

 

カテゴリー:時間/運命

ロシア文壇を代表する作家、アルツィバーシェフは言う。『それ自体の不幸なんてない。自ら不幸を思うから不幸になるのだ。』『アウトサイド・イン』ではない。『インサイド・アウト』なのだ。

>>続きを見る

 

『鳥は卵からむりに出ようとする。卵は世界だ。生れようとする者は、ひとつの世界を破壊せねばならぬ。』

 

カテゴリー:自己/精神

19世紀の天才興行師、P・T・バーナムは言う。『大抵の人間は、大抵の場合、だませる。』なぜなら、『殻の中』にいるからだ。こういう人間が、実に多くの割合を占めている。

>>続きを見る

 

『過ちも失敗も多かった。だが、後悔する余地はない。』

 

カテゴリー:不幸/失敗

人間を『過信』している人は大勢いる。私も完璧主義者で、それが盲点になって過信に陥りがちだった。しかし、よく考えるのだ。

>>続きを見る

 

『日の輝きと暴風雨とは、同じ空の違った表情にすぎない。運命は、甘いものにせよ、苦いものにせよ、好ましい糧として役立てよう。』

 

カテゴリー:時間/運命

確かに暴風雨の日も青天の日もあるが、そもそもなぜ『暴風雨=不幸』だと決めつけているのか。

>>続きを見る

 

『私が人生を諦めて、自分一個の幸不幸などはどうでもよいと悟って以来、少なくとも人生は、私にやさしくしてくれるようになった。』

 

カテゴリー:不幸/失敗

『人生を諦める』と聞くと、どこかこうアンニュイというか、暗い印象を受けるが、それは間違った解釈だ。

>>続きを見る

 

『僕は、僕の内部からひとりでに出てこようとするものだけを、生きてみようとしたにすぎない。それがなぜ、あれほど難しかったのだろうか。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

自分の人生を生きることはどういうことだろうか。毎日をこの自分の肉体を使って行動すれば、それは自分の人生を生きていることになるのだろうか。

>>続きを見る

 

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP