『ヒト』を最適化しよう。

ヘルマン・ヘッセ『世の中に実に美しいものが沢山あることを思うと自分は死ねなかった。だから君も死ぬには美しすぎるものが、人生には多々あることを発見するようにしなさい。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

つまり、『人生に執着するな』ということだ。人生に執着するということは、当たり前のように蔓延している概念だが、しかし、その蔓延している概念に流されていないのが、『四聖』に数えられる、

 

孔子

孔子

ソクラテス

ソクラテス

ブッダ

ブッダ

キリスト

キリスト

世の偉人たちである。

偉人

 

もちろん話したことはないから正確なことは言えないが、少なくとも、彼らの教えや、意見、生前の意志というものは、一般のそれとは一線を画していた。どちらが正解だと思うのかは、それぞれが決めればいい。しかしその前に考えたいのは、エラスムスのこんな言葉だ。

 

生きている世界が美しく、快楽を覚え、幸福で、死んだ後の世界が辛く、苦しい、地獄の様なものだと、知っている人はたった一人もいない。上に挙げた人間の代表たちも、誰一人、絶対に、わかるわけがないのだ。

 

しかし例えばソクラテスが、

 

と言ったように、真理に目を向け、そこから目を逸らさないような勇気ある人間は、自分の人生を過信し、そして『人間本位』になることは間違いだという事を悟っていた。

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『やるべきことがない人間だけが、悩み、憎むのだ。』

同じ人物の名言一覧