名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

プーシキン『失敗には達人というものはない。人は誰でも失敗の前には凡人である。』

プーシキン


ロシア作家 プーシキン画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


『失敗する前』、人は誰でも凡人だったと言っているのか。あるいは、『失敗というものを前にすれば、人は誰でも凡人だ』と言っているのか。どちらでも意味を解釈できるが、プーシキンの言葉の前の部分に、『失敗には達人はいない』という言葉が入っていることから、後者である可能性が高い。

 

『失敗のプロはいない。だから皆、失敗してもすぐそこから立ち上がり、いなくなるだろう。』

 

という方向で間違いなさそうだ。

 

失敗をそのままにすれば失敗だが、それをバネにして次に生かせば『糧』となる。このイメージで、『失敗』という場所、ステージに、人があまり好んでいつく印象がなく、だとしたら、その道を極めて達人になることは出来ないわけで、『失敗の達人』になる前に、すぐにそこからいなくなって、前に進んでいく。

 

ネルソン・マンデラはこう言い、
『生きるうえで最も偉大な栄光は、決して転ばないことにあるのではない。転ぶたびに起き上がり続けることにある。』

三浦綾子はこう言い、
『つまずくのは、恥ずかしいことじゃない。立ち上がらないことが、恥ずかしい。』

そしてリンカーンは言った。
『あなたが転んでしまったことに関心はない。そこから立ち上がることに関心があるのだ。』

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

24.『失敗をすぐに認められるか、それとも隠蔽するかで人間の価値は決まる。

自分のミスや失敗を隠したくなる気持ちはわかる。わかるが、『子供』もそれをやっていることを考えた時、そこに違和感を覚えるはずだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

プーシキン『失敗には達人というものはない。人は誰でも失敗の前には凡人である。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

 

同じ人物の名言


『決定を焦ってはならない。ひと晩眠ればよい知恵が出るものだ。』

 

『健全なればこそ、良心は悪意に、また闇の誹謗に打ち勝つことができるのだ』

 

『女には冷淡にすればするほど、かえって相手から容易に好かれるものである』

 

『秘密というものは、それがどんな性質のものであっても、女性の胸には重荷である。どうしても誰かに打ち明けずにはいられないから』

 

『人間は金銭を相手に暮らすのではない。人間の相手はつねに人間だ』

 



↑ PAGE TOP