『ヒト』を最適化しよう。

O・ヘンリー『私は正直者ですと自分でいう者は、決して正直者ではない。 私は何も知りませんという者は良く知っているし、私は何でも知っているという者はほら吹きである。何も言わない人間は賢明な人か、利己主義かのどちらかである。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

吉行淳之介は言った。

 

グロティウスは言った。

 

ソクラテスは言った。

 

正直者なら、自分の汚れた部分について語るはずだし、本当の知者であれば多くを語らず、あるいは自分が無知であることを悟っているはずだ。またここがポイントだが、『何も言わない人は利己主義』というところだ。私のごく身近にもこういう人間が居て、何だったら彼は『吃音症』という病気を盾にし、いつまでもしゃべらない人間を貫き通そうとする、筋金入りの利己主義だ。彼が利己主義だという事は、丸6年ごく身近にいて数えきれない助言・説教をしてきた私が、痛いほどよくわかっている。(追記:記事から更に4年、10年の月日が経っても、その感想はいまだに同じである)

 

彼は、私が本当に困っているとき、あるいは弱っているとき、下手に出たときに、それを逆手にとって力でねじ伏せようとした。また、彼は病気がちで、被害者であるということを前面に押し出し、

 

僕は道具として生きていきます。

僕は一生現実逃避して生きていきます。

 

という信じられない言葉を発し、責任から逃げる無力な人間を装った。そこへ私が手を差し伸べ、自分の事しか考えないのはいけないと言って、彼の親へのお土産代を渡し、買ってあげるようすすめた。だが彼は店員に、

 

まあ、親御さんにあげるんだね。偉いねえ。

 

と言われると、その『手柄・報酬・評価』という恩恵を一人占めにし、

 

へへへ、そうですね。

男性

 

とだけしか言わなかった。彼はこう言う選択肢もあった。

 

いや、これは社長から頂いたお金で。僕は何もしていないんです。

 

しかしそれをすると先ほど言った『手柄・報酬・評価』という恩恵が私に流れる。それを断固として嫌がり、一人占めにしようとした彼が、『利己的』でなくて、なんと言うであろうか。これは氷山の一角だ。

 

氷山

 

こんなケースがこの6年間に腐るほどある。彼は、『吃音症』という病気の傘に隠れて、無気力な人間を演じ、責任から逃げ続けている。それで同情した人間が手を差し伸べるのを待ち、その同情に食らいつき、まるで寄生虫の様に『しめしめ』と自分の手柄、報酬にするのだ。

 

パラサイト中年』とは、自分の生活費を自分で稼がず、実家に棲みつき、親に支払わせる中年の事である。彼はもうパラサイト中年間近だ。私がいる限り当然その様な道に進むと地獄を見ることを教えるが、実際は言い訳をしつづけて6年間という時間を過ごしたというのが、現実である。

 

人にやらせて、責任転嫁をして、その後の人生がスムーズに送れると思ったら大間違いだ。利他の心を持って初めて、自分への本当の報酬が流れてくるのである。吃音症の彼が利己的かそうでないか、更に理解を深めるなら、実際にあった話を映画にした『英国王のスピーチ』を観るのが良いだろう。注目するべきなのは、なぜ英国王は最後にスピーチをしたか、いや『できたか』ということだ。

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『知者?無知者?自分が振る舞っている人格はどっちだ。』

同じ人物の名言一覧

オー・ヘンリーの名言・格言一覧