名言を自分のものにする

広告

 

> > > 3ページ目

 

ブッダ(仏典)の言葉

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

 

10
1112131415161718

ブッダ(仏典)の言葉ブッダ(仏典)の言葉

 

 

『生老病死(しょうろうびょうし)。それらはすべて、苦しみで出来ているのだ。これは、暗い話ではない。』

 

カテゴリー:長部経典『大般涅槃経』

まずは、これは『暗い話ではない』ということを知った上で理解することだ。生:生きること 老:老いること 病:病を患うこと 死:この世を去ること

>>続きを見る

 

『一切行苦(いっさいぎょうく)。これすなわち、すべての衝動は苦しみの根源であることの悟り。』

 

カテゴリー:法句経278

もし自分の心から沸き起こる一切の煩悩、私利私欲、衝動が、『苦しみの根源』であるとしたなら、どうだろうか。

>>続きを見る

 

『諸法無我(しょほうむが)。それすなわち、全ての物は、自分の物ではないという悟りである。』

 

カテゴリー:法句経279

固執、執着、依存。これが悩みと苦しみの根幹にある原因である。このことについて覚えておけばとても心強い。

>>続きを見る

 

『この世界に拠り所などない。それを探すのではなく、それを理解することに目を向けるべし。』

 

カテゴリー:経集937

拠り所を探しているからこそ、拠り所が崩れたときに、自分の体調を崩すのだ。そのことについて考えたことがあるだろうか。

>>続きを見る

 

『記憶や想像は、良いのか悪いのか。今この瞬間を生きるべし。』

 

カテゴリー:相応部経典

現在進行形で拷問にあっていない限り、往々にして毎日の日々は単調で、当たり障りない人生が送られているはずである。

>>続きを見る

 

スポンサーリンク

 

『見誤るな。自分のその衝動は、本当の意志ではない。』

 

カテゴリー:相応部経典

衝動というのは、心、つまり内面から突き動かされる感情の暴走である。それは、迷いだ。怒りだ。私利私欲(煩悩)だ。

>>続きを見る

 

『悩みの根源になっているなら、その好き嫌いに囚われないようにしよう。』

 

カテゴリー:法句経372

もしそれが『悩み、苦しみ』の原因になっているなら、『好き嫌い』はやめた方が良い。

>>続きを見る

 

『私は固執しない。それは執着だからだ。執着は罪である。心を乱す源である。』

 

カテゴリー:経集837

私は映画を観ることがとても多い。幼少の頃から見ていて、父親の影響もあってか、特殊部隊が活躍するような映画をよく観た。まあ、大体映画の主人公たちは、特殊部隊だろう。

>>続きを見る

 

『生まれ変わり?そんなものはない。あるとしても私は生まれ変わらない。』

 

カテゴリー:法句経153,154

生まれ変わり(輪廻)という考え方は、一体どこからやってきたのだろうか。『煩悩』と『無知』である。。

>>続きを見る

 

『眠るときでさえ、人は動いている。だとしたら人間はやるべきことは一つだ。』

 

カテゴリー:経集151

『人間は』と題打ったが、実際は他の生命も眠るときに動いている。しかし、人間は地球のリーダーだ。それを考えれば、責任は他とは一線を画す。

>>続きを見る

 

 

10
1112131415161718

ブッダ(仏典)の言葉ブッダ(仏典)の言葉

 

 

広告

 

↑ PAGE TOP