『ヒト』を最適化しよう。

ブッダ『死体は、目を逸らす物体ではない。内観へのきっかけである。』(超訳)

仏教の開祖 釈迦画像

内省

確かに死体を見るのは辛い。だが、そういう時も、選択肢が他にもあることを知るべし。それが、『内観のきっかけにする』という発想である。

 

反省⇒猛省⇒内省⇒内観(瞑想)。

 

この順番で人は自分の心と向き合う本気度が決まるわけだが、その『内観』をすることは、人生に大きな衝撃を与える。これは、宗教うんぬん関係ない。私は生涯どこの宗教にも属すつもりはないが、この『内観』を経験した人間である。だからこそ断言しよう。想像を絶する効果が、内観にはある。まずは四の五の言わずにやることだ。やらないうちは、永久にその意味を理解することはないだろう。やれば私の今の心境を理解するだろう。

 

(とてつもない効果を得た。だからあんなに豪語していたんだ。しかし、彼が言っていたように、これはやらない限り、理解できないだろうなあ。)

 

それが今の私の心境と同じ、心境である。

 

 

注意
※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、運営者が独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

参照文献

仏典
長部経典『大念処経』。

関連する黄金律

『自分の心と向き合った人間だけがたどり着ける境地がある。』

ブッダに関する他の記事

ブッダ(Buddha)とはどんな人物か ブッダ(釈迦)の名言・格言一覧