『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

ブッダ『生まれ変わり?そんなものはない。あるとしても私は生まれ変わらない。』(超訳)

仏教の開祖 釈迦画像

内省

生まれ変わり(輪廻)という考え方は、一体どこからやってきたのだろうか。『煩悩』と『無知』である。『執着』していたのだ。この世に。それがなければ、生まれ変わることなど考えないだろう。『知らなかった』のだ。あの世を。それだからこそ、生まれ変わる発想が頭をよぎった。

 

生まれ変わってまた会いましょう。

 

というロマンチックなワンシーンぐらいなら良く見えるが、これも突き詰めれば『執着』。この世に対する執着心が生んだ、ワンシーンである。それに例えば、『お前のやったことは末代まで呪われる。生まれ変わっても関係ない。』というカルマ(業)の話はどうだ。それで身分差別が何千年も行われている国が、未だにある。

 

身分の低いと定められた人間の命は粗末に扱われ、女子供は凌辱され、強姦された後に殺害されて、道路に捨てられる。こんなことがあっていいと思うか。いいわけがないだろう。

 

『ロウソクについていた火が、消えた。だから新しく、つけた。だが、その火がどうしてさっきまでの火と同じものだと言えよう。』

 

我々は、たった一度の人生を生きているのだ。少なくともこのブッダはあの時代にあって、

『生まれ変わりの建築材料に使う煩悩と無知を、全て破壊しつくした』

 

と言って、自分が生まれ変わることはないと断言した。『あの世』などない。目を向けなければならないのは、『このたった一度の人生』である。

 

 

注意
※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、運営者が独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

参照文献

仏典
法句経153,154。

関連する黄金律

『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』 『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

ブッダに関する他の記事

ブッダ(Buddha)とはどんな人物か ブッダ(釈迦)の名言・格言一覧