『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

『『絶対』などない。だが、『それでも絶対にやってやる』という気持ちだけが、未来を切り開くのだ。』

意味

織田信長はこう言い、

 

プリニウスは言った。

 

この世に『絶対』などない。湯川秀樹がこう言うように、

 

今日、『真理』と呼ばれるものが存在していたとしても、明日、それが覆されるかもしれないと考える人間の発想はとても賢く、その見識は鋭い。例えば、ガリレオコペルニクスが『地動説』を説くまでは、キリスト教で信じられていた『天動説』が常識だった。

 

画像

 

しかし真実は、『地動説』に近かったわけで、

 

画像

 

更には、地球も太陽も、宇宙の真ん中ではなかったのだ。しかし、この時代の人間は、『天動説を信じていた(間違った事実を、真実だと勘違いしていた)』のである。

 

嘘つき呼ばわりされたガリレオが裁判で有罪を告げられたとき、実際に、

『それでも地球は回っている。』

 

と言ったかは定かではないが、しかし、断固としたそういう確信がなければ、ガリレオは裁判にかけられることなどなかっただろう。

 

アインシュタインは言った。

 

自分の確信を貫いたからこそ、人や固定観念と衝突したのだ。

 

人間が『絶対的な結果』を捻出することなどできない。それはこの世が諸行無常であり、人間自体が恒久的に未熟だからだ。それなのに、

『俺は絶対的な結果を出せる人間だ!』

 

と言うのであれば、そこにいるのは単なる無知ゆえに勘違いした人間だ。だが、

『絶対などない。それでも絶対にやってやる!』

 

という気持ちを燃やした人間は賢く、プライドがあり、勇気あるエネルギーに満ち溢れている。その気概だけが、未来を切り開くのだ。

 

 

関連する黄金律

関連する偉人の言葉