『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

ソクラテス『人間だれもが、肉体という独房に繋がれた死刑囚なのだ。』

古代ギリシャ哲学者 ソクラテス画像

内省

生きているということは、死につつあるということ。死は、誰にでも一歩一歩、近づいているものだ。生まれたときから人は、死ぬことが運命づけられた生き物だ。そしてそれは人だけではない。動物も、虫も、植物も同じだ。

 

ブッダは言った。『諸行無常』だと。諸行無常とは、この世の現実存在はすべて、すがたも本質も常に流動変化するものであり、一瞬といえども存在は同一性を保持することができないことをいう。

 

スタジオジブリの名作『もののけ姫』には、ジブリ作品として純粋に楽しむ以外に、奴隷や差別、エコロジーや自然との共生、そしてハンセン病にかかった人間の人生について考える、もう一つの見方がある。『祟り』と呼ばれる病にかかった主人公アシタカは、アイヌ民族の先祖にあたるとされる村の長に、もう長くはないと告げられる。しかし、次の言葉が重要なのだ。

 

『人の運命(さだめ)は変えられぬ。だが、ただ待つか、自ら赴くかは決められる。』

 

たった一度のこの人生を、なんとする。『死を待つ間』に出来ることから、目を逸らしてはならない。

 

 

注意
※これらの言葉は参考文献『これならわかるソクラテスの言葉』や史実に基づき、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

関連する黄金律

『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』 『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

ソクラテスに関する他の記事

ソクラテス(Socrates)とはどんな人物か ソクラテスの名言・格言一覧