『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

ソクラテス『この人は、多くの人たちに知恵のある人物だと思われていて、自分でもそのように自覚しているけれども、実はそうではないのだ。』

古代ギリシャ哲学者 ソクラテス画像

内省

ソクラテスは、弟子のカイレポンから 『ソクラテスが一番の知者である』 というお告げを聞いたと言われ、首を傾げた。信心深かったソクラテスは、なぜ神がそのようなことを言ったのか、その真意を探った。そしてこういう答えにたどり着いた。それは、世間で知恵があると思われている人を訪ね、この世の真理について相手に問いただし、わたし以上の知恵のある人物が見つかれば、

 

ソクラテス

ほら、神様。この人の方が私よりも知恵をお持ちですよ。

 

そう言って、神託に反論が出来るというものだった。そこでソクラテスは、政治家を始めとする、『知者』と呼ばれる人を訪ねては、『善とは』、『正義とは』ということについて質問を重ねていった。するとどうだろう。質問を重ねるごとにつれ、曖昧な答えになり、はぐらかし、 ひどいときは強い言葉で言い返し、罵倒を浴びせるではないか。

 

そのとき頭に浮かんだ言葉がこれだ。

 

『この人は、多くの人たちに知恵のある人物だと思われていて、自分でもそのように自覚しているけれども、実はそうではないのだ。』

 

そして往々にして『知者』は、答えられない質問をするソクラテスに腹を立てた。 自分が『無知』であることを悟られないようにするために、『窮鼠が、猫を噛んだ』のである。

 

ソクラテスはそのとき思った。

 

この人物よりも私の方が少しばかり知恵があるようだ。なぜなら、この人も私も真理について何も知らないはずなのに、この人はさも『知っている』ようなそぶりをし、あるいはそう思い込んでいる。

だが、私は知らない。そして、『知らないことを知っている』。つまりその意味で、私の方が彼よりもちょっとだけ、知恵があるということになるらしい。

 

これがいわゆる、『無知の知』である。私の周りにも、『無知の知』を知った方がいいという人は、ごまんといる。そして、”私が尊敬できる人”は『無知の知』を知っている人なのに、”私に尊敬させようとする人”は、皆自分が『全知全能』であるというそぶりをする。その時点で、いろいろと『無知』である。

 

まず私を見誤っている。読みが甘くて、見識が無い。 思い上がっていて、傲慢である。経験不足による、知識不足である。 考えが固執していて、柔軟性が無い。 『力(権力、腕力、財力)』に支配されていて、相手もそれによって支配しようとしている。

 

そして何より、『無知の知』を知らない。そういう人は、ソクラテスのような『本当の知者』を、『知者』として認識できない。だからいろいろと見誤っていて、ある種の盲目状態である。そういう人は、『幻想を盲信』している。つまり、『ありもしない事実』を、さも『そうであると思い込んでいる』ということなのだ。

 

そういう人間は多い。実に多い。だから、彼らを責めることは、往々にして人間全体を責めることになり得る。だからソクラテスは処刑されたのだ。大衆は、ソクラテスが知者であるということを、見抜けなかった。そして、ソクラテスの裁判の時、死刑に票を入れてしまったのだ。『独裁者』を思い浮かべればわかるように、 世の中で幅を利かせる人間が、必ずしも『知者』であるとは限らない。

 

”力”に屈し、悔いのある人生を生きてはならない。

 

 

注意
※これらの言葉は参考文献『これならわかるソクラテスの言葉』や史実に基づき、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

関連する黄金律

『人の評価に依存することの愚かさを知れ。依存しないなら強い。』 『知者?無知者?自分が振る舞っている人格はどっちだ。』

ソクラテスに関する他の記事

ソクラテス(Socrates)とはどんな人物か ソクラテスの名言・格言一覧