『後悔したくない方』はこちら

ソクラテス『死が怖いだろうから別の刑を言いなさい?それは余計なお世話だ。』

古代ギリシャ哲学者 ソクラテス画像

内省

ソクラテスの言葉を代弁するとこうだ。そもそも『死は善いことかもしれない』のに、なぜ命乞いをしなければならないのか。 そしてその命乞いをする相手が、あなたがたのような、今まさに無実の人間を寄ってたかって、裁判という名の公開処刑台で殺人をしようという無知な人間だ。

 

ますます私はそれをしない。『無知』な人間に対し、『命乞い』をする。そんなことをしたらパワーバランスが乱れ、自体は余計に悪化する。そんなことをしたらあなた方が知者で、『死』が怖いものであるということを認めることになってしまうではないか。それでは私の今までやってきた教育が水の泡だ。私には、私の教えを信じてくれている人々がいる。それを考えただけでも、私はそれを、しないのだ。それがすべてだ。70歳を超えているのだ。年齢も関係しているだろう。だが、ソクラテスの取った言動は未来永劫歴史に遺る。

 

私は彼の気持ちが痛いほどよくわかる。 無知な相手とは、ときに『家族』ですらその対象になる。あなたは『家族』に、無知な態度(冤罪を着せられた)ことはあるだろうか。冷静に言うなら、彼らに悪気があるわけではない。まず、(冤罪を着せた)と思っていないのだ。 自分の行動が罪深いと、認知していない。 ソクラテスとキリストを殺した聴衆も同じだ。だが、悪気が無いからと言って冤罪を着せていいわけがない

 

 

注意
※これらの言葉は参考文献『これならわかるソクラテスの言葉』や史実に基づき、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

関連する『黄金律

『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』 『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

ソクラテスに関する他の記事

ソクラテス(Socrates)とはどんな人物か ソクラテスの名言・格言一覧