『ヒト』を最適化しよう。

就寝前のストレッチやヨガは快眠効果があるが『運動』は逆効果!

就寝前のストレッチやヨガは快眠効果がある?

あります。

ストレッチやヨガ、マッサージといったもので筋肉を解きほぐし、自律神経を鎮めれば、副交感神経を優位にできます。人が眠るときの自律神経は『交感神経優位』ではなく、その逆で『副交感神経優位』の状態です。それはリラックスするさせることで得られるので、そういった『緩やかな運動』は快眠効果があります。逆に『激しい運動』をすると交感神経優位になりますので、眠れなくなります。

先生

リラックスできれば快眠につなげられるね!
更に詳しく知りたい人は、以下の記事を見るっす!

ハニワくん

記事の詳細を見ずに他の関連記事を探す

睡眠時にマスクをすることのメリットとデメリット騒音で眠れない!どんな対策がある?睡眠不足が原因で病気になる?良質な睡眠で『癌、認知症、うつ病』等のリスクを下げよう熟睡に必要な体温は?睡眠の質を上げる入浴法と、冷え性に効果的な湯たんぽの使い方春夏秋冬・季節ごとの睡眠対策とは

SNSでこのカテゴリーの知識を強化する

その他のカラダ系記事を見る

  1. 食事・ダイエット
  2. 薄毛・育毛
  3. ワキガ・体臭
  4. ニキビ・肌荒れ
  5. 口臭・歯周病
  6. 便秘・デトックス
  7. ストレス・血流
  8. 入浴・冷え
  9. 細菌・ホルモン
  10. その他

今回の詳細記事の目次

  • 睡眠前にストレッチしてもいいの?
    • 『就眠儀式』とは
    • 激しい運動は逆効果
    • 活性酸素が溜まると睡眠障害を引き起こす
    • ストレッチ(ヨガ)とマッサージが◎
    • 深呼吸でも効果的
    • どのストレッチを必ず行うべき?
    • ストレッチは病気も改善する
    • ストレッチをすると細胞が元気になる
  • 運動をするタイミングとは
    • 熟睡に欠かせない運動
    • 運動で出る『セロトニン、メラトニン、コルチゾール』がカギ
    • トレーニングと睡眠
    • 運動療法が睡眠に与える大きな影響
1 2 3 4 5